読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

ニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニンニン

看破の忍鬼 ヤスイエ×4
忍妖 ニュードークラウド×4

忍竜 ルーンスター×4
花笠の忍鬼 フジノ×4
天竺の忍鬼 トクベエ×4

関門の忍鬼 アタカ×4
忍妖 レイクダイバー×4
忍獣 ホワイトヘロン×4
忍妖 オボロカート×1

鎖鎌の忍鬼 オニフンドウ×1
狐使い イヅナ×4
忍獣 キャットデビル×4
忍鬼 ヒデンスクロール×4
忍妖 ユキヒメ×4

伏魔忍竜 ホムラレイダー×4
伏魔忍鬼 カガミジシ×3
伏魔忍鬼 ウツシミトレイン×1




■グレード3
ヤスイエ
レギオンがどれも弱く超越が出来ないと試合にならないので、超越したときに強いG3のみを選択してます。このデッキはリアに同名ユニットを揃えることを起点に戦うので超越ボーナスも噛み合ってます。4枚いれない意味がありません。

ニュードークラウド
プリティラブ君です、ゴミ互換なのですがこいつは強いです。むらくもは基本、超越しないと役に立たないユニットばかりなので先行の相手に1ターンスキップされるとキツい場合が多いのですが、アタカ効果でヤスイエをサーチする際、こいつを見せることで、つぎのターンアタカ増殖が確定してしまい後列除去の手段を持たない相手はスキップの選択肢が奪われてしまいます。
また基本、殴っていち早く相手を6点にすることでしか勝てないデッキなので先行のときに低消費で殴りに行けるのも強いです。
先行で手札にこいつがある場合、残れば強く殺されても除去を撃たせられるor相手の攻撃をリアにむけさせられるのでG2のターンにg2で2パンします。ルーンスターしか出せない場合キープします。


■グレード2
ルーンスター
出てきたルーンスター山に帰ると思ってたら手札なんですね。強すぎます
カガミジシターンにv裏に効果でルーンスターを呼んで追加のアタックを加えたり、右のルーンスターで左に、左のルーンスターでv裏に呼んでリソースを稼ぎながらアタック数を稼げます。
こいつに限り山ではなく手札に同名を抱えるのでガードで切る場合は他に同名ユニットを揃える手段があるかに注意しなければなりません。

フジノ
基本的にカガミジシビートで攻めるため単体で11000を出せることがかなり重要となります。
単体で11000という数値は前列に一枚目を配置することでカガミジシターンに単体で13000になれるため同名のいる6000以上のブースターを裏におくことで21000になれます。
地味にCB回復も強く5000要求を刻む際、こいつの5000要求から入ることで相手にダメトリ期待かCB回復かを迫れます。

トクベエ
5枚目以降のフジノのようなものですが同名がなくても12000が出るのでカガミジシで21000が狙いやすいです。



■グレード1
アタカ
超越しないと話にならないので必須です。ニュードークラウドでも触れましたが置いてサーチもこのデッキでは大きな意味があります。こいつを増やす場面も多くボトムに固まりやすいので超越コストの確保には気を付けてください。

レイクダイバー
そんなに強くないんですが、リアに同名を用意できないとなにもできないデッキなので入ってます。FVを焼かれた際のケアにはこいつかルーンスター、ヒデンスクロールのうちどれか1枚は必須で、ケア出来ないと手札から綺麗に同名を置けないと負けといった状況になるため、全て最大枚数用意しています。
除去手段を持った相手に対しても盤面を組みやすくなるので書いてある効果以上に実戦では役に立ちます。よく山の残り枚数を勘違いするので気を付けましょう

完全ガード
ドローやサーチがないんですが山からカードを抜いて戦うので思ったより手札に来ます

オボロカート
同名をサーチする都合上他のカードを全て最大枚数採用してるのですが、1枚で機能する一番強い札として採用しました
手札にニュードークラウドがあるとき、先2アタカを盤面におき、その前にこいつを出して効果を使い、つぎのターンもニュードークラウドでアタカを増やすことで2ターン継続して返しづらい3パンを継続して行えます。これを出来た試合は相手関係なく簡単に勝ってます
6000という数字と自身を増やせない点から枚数つむ意味がないので1枚です。



■グレード0
まず強力な効果を持ったヒデンスクロール、ヒールを確定4として、手札を使わず攻撃手段を確保でき、自身で盤面を消せるため除去にも擬似的な耐性を持つのでドローの役割が薄く残りの枠を全てクリティカルにしました。

オニフンドウ
超越できないと話にならず、斜めに下げて序盤からアタック数を稼げるシズク互換も検討したのですが、0が多目だったりした偏った手札に対応できず負けるケースが出るため常に安定した盤面を用意するためにこっちになりました。同名を盤面に揃える手段が他に手札にある場合再配置はせず10000ガードとして手札にキープする場合も多いです。
オニフンドウを複数採用する構築もありますが、除去に対して弱いためヒデンスクロールやレイクダイバーなど、トップしたカードで盤面を解決できる構築を優先しました。



■Gユニット
ホムラレイダー
実はあまり乗りません。二回目や相手が4点目以降でもカガミジシに優先してのる場面がかなりあります。
デッキの性質的にも、手札が増えるこいつのvスタンドの特性上からも手札を溜め込んでホムラレイダー二回でごり押せる場面も存在するので2セット採用しています。

カガミジシ
このデッキは基本的にコイツに乗って強い盤面を目指します。むらくもで一番強いGユニットだと思います。
ホムラレイダーに乗るとDiabloの効果でガード不可となりがちなので、シャドパラ相手にはずっとコイツで戦うことになりがちです。4枚つみたいのですが今回は変な列車を入れてしまったので3枚です。gアシストしてカガミジシが足りず詰めきれない場面もあるので変な列車を抜いてこいつ4でもいいと思います

ウツシミトレイン
基本乗りません。のる場面は相手の5ノーのターンに一番マシな場合があったり、超越しても手札からg2を1枚出せるくらいの弱い手札を誤魔化すときくらいですがレイクダイバー、ルーンスター、ヒデンスクロールを最大枚数入れているのでそういう状況も滅多にないです。というかそんな場面になったことは一度もないです。
ただ、そうなった場合かなりキツくなるのでカガミジシが3でも足りるのであれば保険に1枚積んでもいいです。
あとコイツでとどめをさすと相手はかなり気分が悪いです。



■採用しなかったカード
マガツ系
マガツに枠を割くことでGゾーンのカード全てのスペックが落ちるため超越して戦うのが一番強いむらくもでは優先度が高いとは思いませんでした。スピードはかなり速く、相手がスキップしてきてキツくなる事もないので別の軸として考えるのはありだとおもいます。

チャコールフォックス
こいつを増やす手段がヒデンスクロールを除き、全て1ターン生き延びることが前提なためかげろう、シャドパラ、リンクジョーカーの流行っている環境ではあまりに脆く、パンプも相当回った場合を除いて活かしづらいので採用していません。ヤスイエのGB2との相性も良くないです。

セイメイ&クズノハ
超越できないターンにレギオンできるという保険や、同名を山に戻す手段としてデッキにレギオン出来る手段を用意するのは魅力的なのですが基本的に超越2~3回で試合が終わるため同名が不足する前に勝てる、レギオンするターンがそこまで強いわけではないので誤魔化しとしてあまり意味がなく採用を見送りました

シラユキ
地味に超越シラユキがvシラユキでなくとも効果を使えて、シラユキに乗ったときに鉄壁なので結構強いのですが、そんなことしなくても手札を使わず展開できたりホムラレイダーが手札の増えるvスタンドだったり、ルーンスターやfvのおかげで思ったより固いので防御系の効果は不要でした。レギオンよりは優先度が高いかもしれないです。



4000円くらいあれば組めてめちゃくちゃ楽しくて強いのでおすすめです
撃退にも普通に勝ててシングなんかは最速レギオンvスタンド☆で更に4ノーめくられたりしないと負けません、それ以下のデッキに負けることもないです
プリティラブで皆殺しにしましょう!