読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

ダンブロズ・グリゴッヂ

■グレード3
蒼波竜 アンガーボイル・ドラゴン×4
蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン×3
嵐を超える者 サヴァス×1

■グレード2
蒼波水将 フォイヴォス×4
マグナム・アサルト×4
ハイタイド・スナイパー×3

■グレード1
ケルピーライダー ニッキー×4
戦場の歌姫 オルティア×3
伝令任務のカモメ兵×2
海域の守り手 プラトン×4
戦場の歌姫 スタシア×1

■グレード0
士官候補生 アンドレイ×1
蒼波兵 ブルータル・トルーパー×4
スーパーソニック・セイラー×4
戦場の歌姫 カロリーナ×4
戦場の歌姫 マリカ×4

■Gゾーン
天羅水将 ランブロス×4
蒼波師竜 テトラボイル・ドラゴン×3
天鱗水将 タイダルボアー・ドラゴン×1





蒼嵐、サヴァスよりは間違いなく強いと思います。波紋は方向性が違うのでなんともいえませんがサンクとシングの関係性みたいな感じだと思います。ごり押すか安定取るかみたいな。


■グレード3
・アンガーボイルドラゴン
ストライドボーナスがめちゃくちゃ強いですね。与えるスキルは連波2回目のみなのでRRVで殴れない点に注意しましょう。

・テトラドライブドラゴン
名称「蒼波」を持つ二種目のカード。
サヴァス+アンガーボイルという方もいますが、アクアフォースというデッキの性質上しっかりと攻めていると超越2回でゲームエンドなためサヴァスの退却スキルは効果が薄いです。2度目の超越はそのターンにゲームが終わるので除去の恩恵を受けられるのは実質1回目のみなケースも多いということです。
アンガー+テトラボイルの強烈な要求と比べると見劣りしますが超越したVが手札コスト一枚でスタンドするのは単純に強力な選択肢なのでこちらです。
ちなみになんとこのカード、今ならTwitterの方で1枚900円で提供してるのでお探しの場合は(@miltaetae)まで~

・サヴァス
ライド優先度は高くないです。サーチ先の11000、超越コストとしての運用が主です。
アルトマイル互換についてなのですが、ニッキーでサーチ可能ということは超越コスト互換が存在するクラン相手なら誰でもサーチして7000で殴ってくる可能性があるということなので、このセットが存在するクランについては基本的にサーチ先として1枚入れておくといいと思います。特にゲームエンドまでのターン数が短い最近の環境では序盤のアタック数を返せる返せないではそれだけで勝率に影響してきます



■グレード2
・フォイヴォス
注意、連波3回目のみです。間違って最初のアタックで使ってしまわないよう気を付けましょう。
回数を指定するかわりにブーストがいらない蒼波専用のマグナムアサルトです。リアの自身スタンドとしてはこの起き方が一番強いので8枚体制をとれるのは強力です。
ランブロスやタイダルボアーを使うための盤面はこのユニットだけでは作れませんが、テトラボイルを使う場合に影響はなく、他に優先すべきカードもなく、2ターン目にブルータルも起動可能なので4枚です

・マグナムアサルト
超越をする前提であれば、アクアフォースのg2で一番強いカードだと思います。波紋の場合だと採用を見送る場合もありますが、蒼波の場合だとサヴァスや蒼嵐同様超越して攻めることが前提となるため入れない意味もありません。4です


ハイタイド
初撃ダメトリで横全滅といったアクアフォースの常識?を打ち砕いた化け物カードです。アンガーボイルの超越ボーナス、オルティアとの相性のよさのほか、テトラボイルスタンドの場面で☆想定のガードを切る場合、相手の計算を大きく狂わせられます。(狂うどころか多分こいつに☆乗せたら勝つ)
この枠で積める連続アタック要素はカップルダガーくらいなので連続アタック要素よりも優先しました

[採用しなかったカード
・タイダルアサルト
弱いです。強い要素が空パンでアタック回数を稼げる以外存在しないと言ってもいいと思います。
お互いグレード3になるとこのカードのアタックのうちどちらかはトリガーを捲るか一工夫加えないと通らないので、実質「単体で機能しない連続アタックギミック」といってもいいのですが、組み合わせてアタック数を稼ぐのであればオルティアハイタイドやスタシア+何か、カップルダガーセイラーの方がよっぽど強いです。一応、序盤に使うことでたまに☆が乗って理不尽な勝ちを得られる場合があったり、相手にライドスキップをさせないメリットはありますが、前者を前提として構築することは論外、後者はフォイヴォスを有する蒼波にライドスキップという選択肢をとりにくいこと、後攻であれば一部のデッキが搭載しているG2バニラに届かないことやダメトリ1枚で終わりな事が理由で採用理由が存在しないと言っても過言ではないです。相手より確実にめくり続けられる自身があるなら僕だったらヴァンガードやめてラスベガスへ行きます

・カップルダガー
単体で11000になるユニットが少ないので多少つかいにくく優先しませんでした。フォイヴォスの回数指定が気になるなら散らしても構わないと思います。

・ネクタリオス
連波指定がないか確定サーチならマグナムに並ぶ性能でした。サーチ先が少ないので採用しませんでした。



■グレード1
・ニッキー
4枚にしない理由が特にありませんでした

・オルティア
スタシアと役割が被りますが優先した理由としてはハイタイドと組み合わせた場合の強さ、7000であることから序盤の立ち回りやマグナムの強さにも影響してくること、複数引いて腐りにくいことから3:1で散らしてあります。リンクが増えたらスタシアで後列アタックを連打していかないといけないかもしれません。

・カモメ
アクアフォースが超越2回でゲームを決めないとキツい理由に大してリソース稼げないのに盤面に札を置く事が強要されていて除去やVスタンドを耐えるのがやっとだというのが理由としてあるんですが、このカードは手札に戻ってくれるのでそういった問題を解決してくれる札として重宝します。ゲーム中一度でいいのとハイタイドとのコストの競合で2枚です。パンプも単騎のハイタイドを鬼にするので強いですね

プラトン
そこそこCBを使うので念のためこれです。

・スタシア
非常に強力かつ単体でアタック数を増やせる要素ではありますが、このユニットとラインを組めるユニットが少なく、G1の6000が多いとライドスキップや序盤のアタックに弱くなる、2枚引いたときの盤面の組み立て方が面倒なためためオルティアと散らして1枚です。リンクが多いならスタシア3カモメ3オルティア0でハイタイドの枠別のにするとかも考える必要が出てきそうです。

[採用しなかったカード]
・そうはのG1のやつ
効果自体は強めで、ブルータルを後攻1ターン目から使えるのは魅力的なのですが、デッキの方向性と合っておらず、初動超越でニッキーを切った場合次のターンはゲームを決める超越になるため意味なく終わるという場面も多いかと思います


■グレード0
・アンドレイ
このデッキは連続アタック要素1枚を引けば最悪トリガーで空パンしても動くことが出来るのですが、このカードはFVなので除去されない限り確実に使える連続アタック要素です。ハイタイドとの噛み合いも凄まじいです。

・トリガーについて
ブルータル、ヒールをそれぞれ4枚確定とし、特に☆に寄せたくも引に寄せたくもなかったので単純に効果の強いものから選びました。寄せるなら若干ドローに寄せるかもしれないです



■Gゾーン
・ランブロス
初動としても優秀なのでランブロスは4枚です。

・テトラボイル
アンガーボイルに乗れると初動超越としても優秀となるので3枚です。2回vスタンド出来るなら恐らくそれはランブロスライドでも勝てる状況なので4枚にせずランブロスを2回使える選択肢を作りました。ランブロスで押して勝てる場面も多いですが横のハイタイドに☆を乗せた方が勝ちが近づく場面やヒールを捲れば相当有利に立てる場面も多く、二回目にランブロスいったくだということは全くありません。テトラドライブライドのテトラボイルがランブロスより優先される場面も多くあります

・タイダルボアー
他のアクアフォースではVがノーガードしやすく、完全ガードの先がこのカードしかないため比較的通りづらく弱いのですが、蒼波であるとテトラボイルを警戒して一発はVを止められる札=完全ガードをボイルがスタンドするターンにキープしておきたいので悪くないです。連続アタック要素などが引き込めないとき、乗っても弱いや当てると強い場面など乗れる機会は多いですね



■最後に
EBで出るだけあって波紋も蒼波も上位レベルの強さはあります。しかし現在のトップであるロイヤルパラディンの超越までの強さが超越前提のデッキを否定しており、そこと当たった場合の不安があります。
このデッキの内容が変わるとしたら、g1蒼波やサーベルフロー、ダガーマスター等を視野に入れて耐久力を高くした蒼波軸もありだと思います。アクアフォースはテトラボイルやランブロス等、1ターンの要求がすさまじいためこちらのターンが増えることはかなりのメリットとなります。リアの打点は低くてもいいという点もありますね。

あと、このデッキのキーカードの蒼波竜テトラドライブ・ドラゴンはTwitterで1枚900円で提供しているのでもし組みたくなったら言ってくださいね~

TwitterID→@miltaetae