読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

ツイッターのやつ解答

先日こんなアンケートをしました 
『ミルティアディスのキャッチの優先順位は?』

1 ガード値 
2 超越コスト
3 オデュッセウス

それぞれに入った票数は以下となりました
(投票数319)
1 25%
2 40%
3 35%


こんなもん状況に寄るわボケ!
間違いありません。今回大切なのは、「カード、デッキ性質に対する理解度」です。つまり状況ごとに変化するサーチ先を聞きたいのではなく、波紋というデッキにおいて構築上、ゲームプランの上で何が必要となりやすいのか、サーチする事でゲーム展開に影響を与えやすいものを選んでもらうアンケートです。
この問題に対し行う思考は構築、プレイに直結するため、それぞれのスキルアップにも繋がると思います。
ではそれぞれ解答を見ていきましょう。


○1 ガード値
最も正解からかけ離れています。状況設定のされていない優先順位の選択としてこれはあり得ないといってもいいです。
理由として一番大きいのはまず、目的が明確でなく、勝ちに直結しづらい点です。
まず、この選択をするのであれば最優先で加えるのはオレストかカリブムに返されたアレックスだと思います。
しかし、ガード値を加えたところでその上から削りきられる、または手札を余らせて勝った場合は加えた意味がなく、cb1とミルティアディススキルを無駄にしています。どう転んでも2と3の選択よりも劣ることとなります。更に、この選択をしたがために超越コストとして2枚切りをした場合、超越せず殴って要求が足りず負けた場合等はそもそものガード値を増加させたというメリットすらも活かせていません。
「とりあえずガード値」という考え方は捨てるべきでしょう。


○2 超越コスト
僕はこの問いにおいて最も適切な解答だと考えます。
波紋は構築上、ケルピーライダーニッキーの複数採用が困難で、超越コストの不足に陥りやすいデッキです。
構築段階から、「ミルティアディスというカードが波紋において不足しているコスト回収が可能な札である」という認識を持つことで構築そのものにも影響してきます。
例えばデッキの残り1枚をニッキーかジノビオスかで迷っていたとします。その場合どちらも超越までに手札にあれば超越可能という点で同じ、ジノビオスであればドローフェイズ後にコストを加えられる可能性が上がり、グレード配分に問題がないのであればジノビオスを採用するといった結論に繋げることが出来ます。
また、ストライドステップ以前に手札に超越コストを加える行為はオデュッセウス、ドロートリガー、オレストには出来ない動きで、波紋の問題とミルティアディスの強みを最も綺麗に解消した選択肢といえるでしょう。



○3 オデュッセウス
波紋の最大の強みであるオデュッセウスが引けていない場合、それを加えられるというのは確かに強力です。しかし、その段階でオデュッセウスが出来る動きはミルティアディスを重ねて1アドを追加で稼ぐこと、ドロップを増やすことのみで、序盤に引いた場合と比較して明らかにカードパワーが異なります。また、そのターン超越するのであればただのg1、7000の札であり1の解答と大差ありません。
ただ、アレックス型波紋であればその段階でオデュッセウスが引けていなければもう、ミルティアディスを連打して誤魔化すしか勝ち目がないので型次第では正答になりうるのでこちらの解答は点数を付けるのであれば60点くらいのものです。
アレックス型波紋で正答となりうる事に対する加点の低さの理由はそもそもアレックス型を選択するメリットがあまり存在しないからですね。





というわけでこのように、選択肢に対する優先順位の考え方ひとつでカードの能力や性質に対する考え方が分かります。
みなさんの思考の精度向上に繋がれば幸いです。