読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

であぼろ

ワンチャン・アルデエって感じですね。

まずグレンとか特殊なのを抜いた今の環境が上から
ノキエル
カオブレ
サンク グランブル
ギアクロ Diablo
かげろう
その他

といった感じです。
無敵君のノキエルに続きノキエル以外全てに有利かつノキエルも一番取れるカオブレ、その下に上二つ以外には滅法強いサンクと、サンクに対応でき、リンクノキエルに対して微妙に耐性がある(リンクはともかくノキエルは他よりとれなくもない程度)グランブルーが来ています。
その下にリンクノキエルに対して一応勝ち筋を持つギアクロディアブロ
最後に一応それ以下よりはカードパワーがあり除去でごまかせなくもないかげろうといった感じです。
その他のデッキは上記のクラン複数に対して絶望的な相性、また上記のクランの劣化の動きをするためどれを使っても大差ない感じです。

今回はその上位デッキの中からDiabloについて書きます。
まず環境におけるDiabloの立ち位置ですが

Diablo超越2種によるごり押し、のケアが困難で、リンクノキエルもその例外ではないこと
・GB主体なのでサンクにはまず勝てません。初回ダムド確定なのに相手の場にまともな札が残っていないのでグランブルーも厳しいです。・GB以降の動きがギアクロを除くGBクランの中で一つ抜けている

といった感じです。
要するに現状Diabloが生き残るためにはどうせ不利なサンク七海を切った上で母数の大半を占めるリンクノキエルに対して有効な構築にしなければなりません。
そこで今回の構築はこちら


■グレード3
ブラスター・ダーク "Diablo"×4
デススプレイ・ドラゴン×4

■グレード2
黒鎖炎舞陣 ホエル×4
闇夜の乙女 マーハ×3
ダークサーガ・トランペッター×4

■グレード1
真黒の賢者 カロン×4
黒鎖霊舞陣 カエダン×4
ダークハート・トランペッター×2
カルマ・コレクター×4

■グレード0
新鋭の騎士 ダヴィド×1
跳躍の騎士 リガン・ルミナ×4
グレイブホーン・ユニコーン×4
フラトバウ×4
ハウルオウル×4

■Gゾーン
暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"×4
暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"×2
覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド×1
覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン×1



○Gゾーン
初回で乗れる札がダムドしかないのが窮屈という人もいるかと思います。
では何故ダムドだけの構築なのかというと

・性質上初回超越に幅を持たせることよりもDiablo超越2種をケアさせるターンを2ターン作れた方が強い
・他の選択肢がエヴニシェン、グリム、オーラガイザードラゴンとダムドより優先した結果勝敗に大きく影響を与えるものが一つとして存在しない

といった感じです。勝てない選択肢なんかいくらあっても無意味だということです。CBを貰えずダムドが使えないなどといったレアケースを踏んだ場合リクルーターが奇跡的に機能しますが、別に代わりに乗ったからといってそのスペコ1枚で勝敗が決まることはまず無く、この構築でダムドまでにCBがないというのは一点もうけていない場合以外あり得ないので0点なら別にバニラ超越スタートでも余裕があります。
また、ファントムもスペクトラルも一枚減らすだけで3回目の超越のときにケアしないといけないDiablo超越が片方だけになってしまいます。そうなれば終わりです。お陀仏
というわけでGゾーンはこれ以外の選択肢がないと思います



○グレード3
・ブラスターダーク
Diablo軸において唯一のって強い札です。
ヴォーティマーDiabloを採用している人もいますが全く無意味だと思います。理由はまずDiablo名称に安定して乗れるだけで勝てるという相手が存在しないこと、g1コールスキルを使ったところで有利になるなんてことは全くなく、むしろcb1のときダムドが使えない、スペクトラルかダークハートどちらかにしかcbを使えなくなるとむしろ効果を使うメリットよりデメリットが大きいです。
ヴォーティマーツインテルンが唯一存在価値を生み出す動きですが、スキップしてくる相手(アクフォサンクグランブルー)に対してツインテルンをコールしてマーハ等を使ったところで全くもって焼け石に水でやったからといって勝てることはないのでそもそも狙うことが無意味です。
一応このカード自身の強みも説明しておくと、まず乗っているだけでファントムケアの枚数が1枚増えます。もう一つのコスト軽減のスキルについても、スペクトラル、ダークサーガと合わせた手札の質の大幅な向上や3を切らなくてすむ事によってデススプレイをコールしやすくなり相互で高めあっています。またシャドウパラディンはg1を山からコールできるデッキなので、スペコ先としては最弱なブランヴェンの枚数を減らせるのも利点です。

・デススプレイドラゴン
現状、Diablo軸を使う理由と言ってもいいカードです。
見せるだけで相手に与えるプレッシャーは凄まじく、相手が札を置けなかった瞬間勝ちが決まるとんでもない札です。
二枚あると全面展開以外生き残る道がなくなるためドリームライトを封じることができ、その結果相手の回復プランを潰せるのでスペクトラルをノーすることが出来ない=ファントムだけをケアすればいい状況にさせない強みもあります。もちろんファントム自体のケアも大幅に困難にしています。
特に七海はまともに動けば4枚残すことは不可能に近くツインテルンで遊ぶよりよっぽど現実的に勝ちを狙えます。
引いている枚数が1枚と2枚で役割が変わるカードなので4枚積みたいためこの枚数です


○グレード2
・ホエル
リアの打点がめちゃくちゃ上がるので、スペクトラルライドのケア=打点を守りきること、の難易度を上げる札です。道中でもこのカードで点を入れやすくなるため四点以降というDiablo超越両方がキツイ場面に持っていきやすく、複数引いて強いため4枚です。
またこの打点はファントム超越時も有効で、相手がリアを守らなければガード不可の状況でリアに対して15000、20000、それ以上の要求をすることでとてつもない枚数の札を奪えます。状況によっては相手が守れずそのまま勝ちます

・ダークサーガ
山から出てくる前列としてコールする機会は多いです。単純に手札の増えるvスタンドであるスペクトラルとの相性もよく、増えた手札から不要な札を切って手札交換出来ます。序盤に引いただけ投げていい札なので素引きしても困りません。山から枯れて困る場面が多かったので4ですがそもそもスペコ出来ないと話にならないのでマーハと逆でもいいかもしれません。

・マーハ
ゲーム中1枚引けたら十分なので三枚にしてますがなければ流石に困るのでダークサーガと逆もありです。



○グレード1
カロン
このデッキの超越すべてに必要でブラスターダークサーチもあるので4枚以外はあり得ないですね
弱い部分を探す方が難しいので特に書くことはないです

・カエダン
こいつの枚数だけホエルのカードパワーが上がるので4です。ダムドで食べても強いので序盤から最後まで活躍します。消耗品なので4枚

・ダークハート
ダークハートダークサーガがアルティメイタムなのでライドやダメージを考慮してゲーム中1度狙いたいため二枚入れています
1枚禁書にしてましたが呼べる札がカロン、ダークサーガに対してあちらはスタンドトリガー(笑)なので比べるまでもなかったです。ただ残念なことに二枚引くと腐ります。

・カルマコレクター
別にcb自体は余るのと手札交換が強いデッキなのでネヴァンでダメということもありません。レン様のカードでカルマコレクターより格段に安いのもあるので。一応点を止められたときウザいので最適解はこっちだと思います


○グレード0
ダヴィ
強すぎて別に書くこともないのですが強いて言うならフルバウだとカロンの絶対数が足りない場面が出てくるのとスピリットを入れたくないのとカロンを引けてないと哀れなのでこっちです。

・トリガー
どっちのディアブロに乗るにせよ星で脅さないとほぼ意味がなく、3ノー4ノー決められても負けるので☆多目です。ハウルオウルはダークハートとスペクトラルを使ったあとに必要なので0にはなりません。☆9~10でもいいかと
トリガーはg以降のレンさんのやつを優先していれています




○立ち回りについて
基本的には引いたg2を叩きつけていきましょう。ダムドの一点さえ貰えたら殲滅されていてもどうにでもなります。殴らないとライドスキップがキツイ+ライドスキップされやすくなります。だからといって後1から7000を横に出して殴ると裏目があまりに大きいので状況に合わせましょう。サンクとかなら横を殴られたらアドなので殴って構いません
超越から
ダムドを撃って、ホエルまたはマーハライン+なんらかの手段でスペコしたダークハートダークサーガラインの3列を目指します。あとは2回目の超越で相手と自分の札からスペクトラルとファントムで明らかに強い方が出てくるのでそっちに乗って襲います。考えることはそれで終わりです。
読んでて伝わってくると思いますが、GB2の2択を迫ることにデッキのすべてを割いているので下手な相手にはめちゃくちゃ強いです。同時に、上手い相手でもこっちが乗る札を間違えなければ相手が地獄に落ちるデッキでもあります
環境的にも悪い位置にはいないしサンクも減っていて動きが面白いのでおすすめです
おわり

広告を非表示にする