読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

新ナイトローゼ

いろいろ公開されたので早速組んで回してます

強いと思ったかードを紹介がてら

 

◼グレード3

星影の吸血姫 ナイトローゼ×3

夜霧の吸血姫 ナイトローゼ×3

 

◼グレード2

倦怠の呪術師 ネグロレイジー×4

マルトリート・シェイド×3

腐海の呪術師 ネグロルーク×2

ケルトンの砲撃手×2

キング・サーペント×2

 

◼グレード1

粉骨の呪術師 ネグロボーン×4

お化けのとみー兄弟×4

お化けのべいる×2

竜巻のジン×4

 

◼グレード0

死せざる死者 グルナッシュ×1

ランペイジ・シェイド×4

荒海のバンシー×4

お化けのみっく一家×4

おまじないするバンシー×4

 

◼Gゾーン

嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ×4

購いの海賊王 ドラクート×2

屍の幻妖術師 ネグロリンガー×4

お化け大王 おばだいあ×1

エアーエレメント シブリーズ×1

夜宴の大呪術師 ネグロリリー×2

蝕骸竜 ディープコープス・ドラゴン×1

ライトエレメント アグリーム×1

 

 

 

 

旧カードはあまり触れないで新規の評価と新しくできるようになったことを書いていきます

 

 

・購いの海賊王 ドラクート
起【V】ターン一回 GB2:[CB2,あなたの手札から1枚選び、捨てる]あなたのドロップゾーンから、あなたのリアガードと同じ枚数選び、別々のRにコールし、コールされた亡霊能力を持つユニット1枚につき、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。相手のリアガードがいないなら、あなたは1枚引く。

 

今回の追加で最も大きい変化を生むかードです。

具体的には、現在トップのシェアを誇るギアクロニクル、ルアードに対してとてつもなく強く、これが来たからもはや相手じゃないまであるくらいです。

なぜ強いかというと、ルアードは全部焼いてしまえばボーナスが使えません。ボーナスが使えないということはベリアルオウルのサーチ、完全がードのサーチができず、ホエルを1ターン残すことで可能となる強い行動もとれないということです。またアビサルオウルによるコスト回復も困難となり一気に動きづらくなります。一応、フォドラや天空ルアードなど全除去をケアする札は複数ありますが、このカードは焼きながらみっく、グルナッシュ、レイジー等を展開します。またコール枚数が相手の盤面を上回っていたら荒海を呼んでリソースの回復なども可能で、4面残してこなかったルアードや残って3面程度のギアクロニクルにはやりたい放題できます。

ナイトローゼがなぜ最近厳しかったか、というとまずギアキャットを処理している間に札を増やされ、ヘテロ込みでガッシュのターンを耐えられてしまう、ルアードにアドを稼がれ続けガッシュを耐えられてしまう、その間に決められる決定的な札がないというのが理由でしたがこのカードの登場でそんなことはなくなりました。

相手の盤面すべてに触れながら十分な展開と要求、リソース確保も行えるこのカードが出たことでナイトローゼは揺るぎないトップデッキになったと思います。

触った感想としては、本当に何でも出来てしまうが故、展開パターンがあまりに多く、慣れていないプレイヤーが使うと大幅に時間を使ってしまいそうなので十分な練習が必要だと感じました。プレイヤーの腕が反映されるいいカードだと思います。

 

 

・星影の吸血姫 ナイトローゼ


f:id:taetaemiltae:20170222154851j:image

 

新G3ローゼです。

公開された当初は、ルアードの登場でただでさえ決定力が怪しく、ナイトストームが確定で必要だったりしたことからなんやこの弱いの、と思ってみてたりしたのですが、ドラクートの公開で評価は一変しました。

まずこのカード、亡霊を持っておりドラクートで呼ぶことで1枚除去が増えます。まあこれは亡霊を持っていれば当たり前のことなのですが、要するに亡霊なのでコール対象として選ぶ理由が作れたということです。スタートラインに立てました。

次に呼んでどうするの?といった話ですが、このカードとお化けのみっく一家をドラクートで同じ列にコールします。すると、同時にコールされた事で星影のGB2が誘発し、みっくを踏み潰してネグロボーン、または新完全がード(詳細不明。亡霊で退却時コストを払い回収)をコールできます。

本来であればネグロボーンは亡霊ではないのでドラクートのコール対象として優先度は低く、また完全がードを拾うだけでは決定力に欠けます。しかしみっくを経由するので要求と亡霊のコールを経てこれらを出すことができます。

また、このカードはなんと亡霊を持っているものの、亡霊する必要が一切ありません。

つまり場にのこり続ける訳ですが、それにより、次のターンのドラクートを使用するタイミングでボーナスと星影スキルで盤面3枚が確定します。前のターンにボーンを呼んでいたり、ネグロレイジーを出せば4枚。試せば分かりますがドラクートで複数焼くにはそこそこ展開している必要があり、何の補助もなしにそれを行えば結構手出しをする必要があったりして、それではスペクトラルごり押しなどで負けます。というか、手から出してそれを踏み潰す効果じゃ流石にドラクートって何って感じですね。

乗ってもGB2がないだけで普通にボーナスは使えます。個人的にはそこまでローゼGB2に頼ってプレイしておらず、ミラーなどでも一度も使わないことも少なくないので確実にこの動きを決めるために3枚にしています。

 

 ・マルトリート・シェイド
f:id:taetaemiltae:20170222160332j:image

 

亡霊スキルで退却したときCC1、ボトムに

亡霊1枚につき2000

といったスキルを持っています。

まずCCとボトムイン。これは僕がべいるをずっと複数採用している事からも分かるように、このデッキで山を増やす方向で山調整できるカードはとても重要となります。ドラクートで長くコントロールするゲームになりがちなのでよけいにです。

CB回復の方も、コストをバカ食いするグランブルーでは何種類回復もちがあったところで困りはしません。

次にパンプ能力ですが、ドラクートのターンなら基本的にみっくが絡むのでこのカードを亡霊にするだけで21000に到達するためまあ十分と言えます。流石に17000までいくことは楽ではありませんが、自信も参照するため狙えなくもないです。

 

・屍の幻妖術師 ネグロリンガー
f:id:taetaemiltae:20170222161037j:image

一時期はメアリード入れるか考えるくらい、初回でソウルが薄くても使える表にできるカードです。

能力もなかなか強く、バトルフェイズにコールのためまあみてわかる通り連パンに組み込めます。

初回以降の用途としては、従来のG4ナイトローゼにとってかわる使い方が期待されます。単純に同じ回数殴れます。ぱんぷもありますね。

そこまで騒ぐスキルじゃないんですが、必須です。なぜならこいつ初回で使えるからです。次の環境はローゼを意識してジェネシスやダクイレが増えるとも考えられるのですが、僕はこいつらにぶんまわされたら終わりだと思っているのでスキップなどしてあわよくば初回で殺してやろうくらいの考えで対面しています。そこでいつも思うのが、初回でG4ローゼ使えたら勝てるじゃんって事なんですけど、まあ使えるようになってしまいましたね。

ミラーでもたまに相手のバンシーが厚すぎて乗った瞬間取り返しのつかないアド差がついて詰むからスキップで詰めてワンキルを狙うぜというパターンもあるので確実に使うかードですね。

 

新規の強みを書いていたところ、新しい動きは大体書いてしまいましたw

まあこんなかんじです。ドラクートを中心として今まで足りなかったところが埋められた感じの強化でした。

使おうと思ってる人は本当に分岐が多いので時間切れしないよう気を付けてください

 

最後に軽く採用枚数の理由を書いて終わります 

 

・砲撃

GB2で構える以外で砲撃したい場面がほぼドラクートに置き換わったので減りました。ネオネクに当たったらすまんなって感じです。いうてネオネクもドラクートな全焼きがきつい(前人未到の5焼きをする必要があるものの)のでまだいけます。

 

・ネグロルーク

マルトリートではダメな場面とマルトリートで要求が足りる場面があるので2枚残してます

 

・サーペント

ローゼでコールでノーコスsc、ドラクートの弾+1、レイジーサーペントでcb1弾2枚とドラクートのコスパをめちゃくちゃあげてくれます。場に残ればサーペントリリーべいるで無理矢理cbとソウルをつくってラストのガッシュに繋ぐこともできすべての場面において使える札になったのでダメージに落ちるわけにもいかず2枚に

 

・ボーン、とみー

特に説明はないです

 

・べいる

これもどうつかうねんって言われてこう!って明確に説明できる札じゃないんですけど触ったひとなら使いやすさはわかると思うんですよ

 

・竜巻のジン

なんとかのバンシー次第で入れ換えます

 

・トリガー

まんま

 

・Gゾーン

ドラクートでできなくてブルーハートにできることは一応あるんですがとりあえず試すということで一番役割のにてるのを削って新規を試してます

 

 

まあこんなかんじですね。新規のRR以上お化け以外使うんでひょえーってかんじです。

 

広告を非表示にする