読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

GB8クロノスコマンド

◼グレード3

イフェメラルワンド・ドラゴン×4

 

◼グレード2

アップストリーム・ドラゴン×3

有為転変のギアピーコック×3

ヒストリーメーカー・ドラゴン×3

スチームファイター アンバー×3

 

◼グレード1

スチームブレス・ドラゴン×4

スチームメイデン ダーニッシュ×3

スチームメイデン メラム×2

プログレスセコンド・ドラゴン×1

ティックアウェイ・ドラゴン×1

スチームソルジャー ウンダルル×1

スチームメイデン アルリム×4

 

◼グレード0

真鍮の羽のギアホーク×1

チクタク・ワーカー×1

邯鄲の夢のギアキャット×4

スチームバトラー ウル・ワタル×1

クロノドーズ・シープ×3

ラッキーポッド・ドラコキッド×4

クロノセラピー・ハムスター×4

 

◼Gゾーン

時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション×4

時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン×2

時空竜 ワープドライブ・ドラゴン×3

時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン×1

超刻龍 オルタード・ドラゴン×1

エアーエレメント シブリーズ×1

時空獣 パンドラ・キメラ×2

ハイブロースチーム ラファンナ×1

遡る時乙女 ウルル×1

 

 

 

○構築理由

まずは新規カード、ビヨンドオーダーについて

暫定テキスト


f:id:taetaemiltae:20170418060927j:image

CB1、SB1、山札8枚バインドで

GB8でメインフェイズ、バトルフェイズを再び行うという派手なスキルを持っています。

決まれば勝ちレベルの流石GB8といった感じの効果です。アニメに登場したことにより当然これを現実的に使用する方法を模索しました。

 

GB8に到達し、なおかつ勝利するために浮かび上がった課題は以下の3点です。

 

①GB8の早期達成、またはそこまで生存すること

②(①)を実現しつつ、ルアードのリソース、ナイトローゼの砲撃レイジー+リリーの布陣に対抗できること

③ビヨンドオーダー時にデッキ枚数が足りていること

 

 

まずはじめは現在主流である、クロノジェット軸での運用を検討しました。

クロノジェット軸では、初回ワープドライブまたはメタリカ、オルタードで②、次にギアグルービーでネクステージをコピーし④、あとはGガーディアンを1回でGB7、ビヨンドオーダーに乗って8で最速3超越でビヨンドオーダーを達成可能です。

しかしこのプランにおいては、一度構えられたレイジー、砲撃やルアードの残ったリアガードを崩すタイミングはありません。ルアードについては初回超越でV裏にG2以上を置かれなければ全部焼けるルートも存在するのですが、二度は行えません。

次に山の問題なのですが、ウルワタルを3回使用し、ダメージは1度ヒールが発動して5点、ドローが1回、ドキドキワーカーが2回程度の平均的な内容と想定した場合デッキの枚数が15~18枚前後となり、4超越でGB8にする場合には耐久ルートを選択しているためもっとデッキが薄くなり、山の枚数に不安が生まれます。

デッキからチクタクを抜いたりメスキアを使う場合は更に薄くなります。

また最大の難点として、現状ネクステージまたはギアグルービーに二回目に乗るルートというのは、序盤から前のめりに攻めていて「2超越で決めにいく」事を想定していて、基本的に耐えられたら負けです。普通に返しで負けてしまう、またはドラクートやファントムブラスター、ダムドで盤面を枯らされながらガードを切らされて次のターンにはほぼなにも残らないのに対して相手は砲撃レイジーを構えていたりリソースを爆発的に稼いでいて、実質負けの状況です。これはミラーにおいてもそうで、耐えられたらまず相手のギアグルービーを耐えられません。なので基本的に、ギアグルービーでGB8を目指すパターンというのは現実的ではありませんでした。

 

 

そこで浮かびたがったのがこのカードです。



 レヴォリューションやクロノスコマンドドラゴン、ワープドライブといった耐久しつつ、リアで回数殴って要求し、なおかつ相手の驚異を除去することが出来るGユニットに超越しつつ、凄まじいスピードでGB8を達成することが出来ます。また山の枚数もクリアしており、ビヨンドオーダーで13枚捲っても十分に山が残ります。

 

こうして、ビヨンドオーダーを使うためのギアクロニクルは「クロノスコマンド」名称とイフェメラルワンドを中心に構築することとなりました。

 

 

 

○ビヨンドオーダーまでのルート、展開パターンについて

基本的にはワープドライブまたはクロノスコマンド名称超越を初回とし、2回目にレヴォリューション、初回がワープドライブの場合に限り2回目のワープドライブ、次にビヨンドオーダーを目指すことになります。

ワープワープの場合ではGガーディアン、イフェメラルワンドのGB2を合わせて3回、レヴォリューションに乗る場合は2回を合わせて使用することとなります。

 

次に展開パターンについて。

 

基本的な動きが2つ、応用パターンが多数存在します。まずは基本の2つについて

 

・メラムヒストリー

説明不要、全てのギアクロニクルにおいてなくてはならないド安定の動きです。当然この構築においてもこの動きが弱いはずもなく、パターンの1つとして有効です。

 

・ギアピーコック+アップストリーム

このパターンではクロノスコマンド名称へ超越します。

まず上記2枚を展開し、アップストリームで殴ります。効果でダーニッシュを呼ぶと登場したときのカリブム効果でギアピーコックが誘発し、アップストリームにタイムリープが出来ます。これを山のダーニッシュが尽きるまで行います。ダーニッシュ三枚でアップストリーム4パン、グレード3までを1枚、または0と1をそれぞれ除去可能です。最後のアップストリームのアタックでウンダルルをコールすることでタイムリープによりバインドされたダーニッシュを戻すことが可能です。

両面アップストリーム、またはV裏にギアピーコック、横にアンバーのラインがあれば戻したダーニッシュで再度ループが可能になるので、Vを合わせて最大9パン、グレード合計5ダウン、1ドローが出来ます。

 

上記の2つが明確に形となっている基本のパターンです。

あとはギアピーコックやプログレスセコンドとアンバーを組み合わせた焼きながらの連パンや、それをメラムアップストリームで始動してギアキャットを絡めたりプログレスセコンドやティックアウェイを山から呼んで行うパターンもあります。

このデッキの殴るルートは応用のパターンを挙げるとキリがないので、自分で試して幅を広げていってください。

基準としてはリソース獲得、アタック回数、レイジー砲撃など干渉しないといけない札を除去することをバランスよく行えるよう動くのがコツです。

 

 

 

○カード採用について

◼グレード3

・イフェメラルワンドドラゴン

メインV。超高速でGB8を達成可能な唯一のカード。

10kパンプはギアキャットパンドラキメラ等と合わせてVに使えたりするとリソースに繋がります。

もうひとつのスキルはパンプはおまけですが、クロノスコマンド名称に乗るだけでGBが1つ増えるこのデッキではお得なものです。

注意しないといけない点は、GB2はvのアタックにのみ反応すること、一度のアタックに重ねがけできないことです。最強イフェメラルワンドをしてしまわないよう気を付けましょう

 

 

◼グレード2

・ヒストリーメーカー

アンバーの動きをみつけたとき抜いてもいいのではとも思いましたが、メラムを入れてこのカードを抜く意味はありませんでした。

G2の枚数については、かならずこれが必要というものがなく、複数を組み合わせて多様な展開パターンが可能となるためすべてを3ずつとしています。

 

・アンバー

ギアキャット、レイジー砲撃をガード前に触ることができ、またこの構築ではメラムから殴ってギアキャットでパンプ、各クロノスコマンドサポートの誘発などパーツとしても機能します。

 

・アップストリーム

ダーニッシュピーコックによる連パン、ウンダルルやティックアウェイといったカードにもアクセスできるためこの構築では従来よりも活躍します。

 

・ギアピーコック

アップストリームやアンバーと組み合わせていろいろできます。

後列に置くパターンもあります。

 

 

◼グレード1

・アルリム、スチームブレス

カウンターを多用するのでアルリムを優先。スチームブレスも減らす理由がないので4

 

・ダーニッシュ

ダーニッシュの枚数がそのまま連パンの回数になるので増やしたいですがこれが限界です。3

 

・メラム

ギアキャットの需要が守りと攻めどちらにも増しているので3枚目を入れたいのですが、動きの幅を優先して一枚をメスキアにしています。

 

・ティックアウェイ

落ちたダーニッシュを拾ったり2回目のワープドライブで無茶苦茶出来ます。

 

・ウンダルル

リソース源になりつつ多用するソウルを増やすことが出来るため採用しました。コストもオルタードやダーニッシュと相性がいいです

 

 

 

 

◼グレード0

・ギアホーク

レヴォリューションまで残っていると最大25000パンプします。

ダーニッシュ連打とも相性がいいです。

 

・チクタク

抜こうかとも思いましたが、メラムアップストリームと合わせてとりあえず損失なくソウルを増やして殴れるので入れない意味がなかったです。ほぼしませんがメラムメラムも出来るようになるのでやっぱり抜けません

 

・トリガー配分

パンドラギアキャットが強いのと攻めでもパンプを使うのでギアキャットを4、ウルワタル、ヒールが確定。ドローはソウルイン可能なラッキーポッドを優先しており、残り3枚はドローとなりました。理由はトリガー期待のアタックよりも札を揃えてカードの効果で回数殴るパターンが多いため単純に捲って腐らないドローが強かったといった所です。☆にして点を伸ばしやすくしたりスタンドをめくりやすくしても構わないとは思います。

 

 

 

◼Gゾーン

特に目立ったところもありませんが、パンドラキメラでもギアキャットが使えるということは忘れては行けませんって感じですね。状況次第でヘテロよりも強くなったりもします。

ビヨンドオーダーは2回使えるときもあったのですがほぼないので今は1枚です。

 

 

 

 

割と安く組めてクロノジェットとも方向性が違い、なおかつ同じくらいのポテンシャルを得たので結構おすすめです

連パンのルートが多くて考えるのがおもしろいですよ

終わり