読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

ファイターズコレクション後 ナイトローゼ

◼グレード3

夜霧の吸血姫 ナイトローゼ×4

一鬼当千 ナイトストーム×1

海淵のゾンビホエール×1

 

◼グレード2

倦怠の呪術師 ネグロレイジー×4

ケルトンの砲撃手×3

腐海の呪術師 ネグロルーク×1

キング・サーペント×2

アースエレメンタル ポックル×1

 

◼グレード1

お化けのとみー兄弟×4

粉骨の呪術師 ネグロボーン×3

フェイタル・シェイド×1

お化けのべいる×1

竜巻のジン×4

 

◼グレード0

死せざる死者 グルナッシュ×1

お化けのちゃっぴー×3

ランペイジ・シェイド×4

荒海のバンシー×4

お化けのみっく一家×4

お化けのばーなーど×4

 

◼Gゾーン

嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ×4

不死身の船 イモータル・ガレオン×2

屍の幻妖術師 ネグロゾンガー×2

購いの海賊王 ドラクート×1

お化け大王 おばだいあ×1

エアーエレメント シブリーズ×1

招来の幻妖術師 ネグロノーラ×2

夜宴の大呪術師 ネグロリリー×2

ライトエレメント アグリーム×1

 

 

 

○解説

主な追加はイモータルガレオン、ネグロノーラ、ちゃっぴーです。

イモータルガレオンはただ強カードなので割愛。まずネグロノーラの評価

このカードは出たとき、ネグロモードでokと言われていましたが、GB8の公開により評価は一転しました。ネグロモードでokから、「ネグロモードと同等の効果を持ちながら、ヒールの効果の恩恵を受けられ、Gゾーンを表にできるカード」となりました。

またドロップが少なくても3万ガードになることができ、効果により登場したちゃっぴーも使用できるとかなりのハイスペックカードとなりました。

クレイエレメンタルを表にできるのも評価でき、上記のちゃっぴーを使いやすい点と合わせてかなりポックルが使いやすくなっていて、FC後増えるであろうリンクジョーカーに対して立ち回りやすくなっています。

 

次にちゃっぴーについて。

ちゃっぴー採用の主な恩恵は以下の通りです。

・ナイトローゼは序盤に切りやすい10000ガードがみっくしかなく、切れる10000の枚数が増える。

・ポックル、サーペント等、ピンであったり早い段階で使いたい札を落とせる。砲撃がなくて焼けない場面も減る

・べいる、フェイタル等、効果でデッキボトムにいってしまう札を再利用できる

・主に対リンクで、常にドロップにみっくを置くことができるため、後列を消してみっく+レイジー等でラクスカリーナをケアして要求し続けられる。

・夜霧と荒海以外の規制にそのまま対応できる

といった感じです。

次にいれるデメリットですが、まず第一にグレード配分が不安定になること、もう一点は序盤に殴れるG2、G1を削っていることです。

一点目はどうしようもないのでちゃっぴーの枚数を今も調整しています。

二点目については個人的にはナイトローゼをロングゲームに引き込めば勝ちのコントロール寄りのデッキとして見ていて、横を出せてもどうせギアクロルアードサンクに先にG3に乗らせるのは難しく、リンク相手に広げたらロックからボルトライン、ユニバースのハンデスでそのまま負けるだけなのでやりません。概ね問題ないと思います。

ブレイドウィングやジェネシスには思いっきり殴りにいくので、その点では札数枚分きつくなったと言えます。

 

 

 

次に枚数について

○グレード3

変更なし

 

 

 

○グレード2

・ネグロレイジー

この札は落としたいカードではなく引きたいカードなので減らしません。4

 

・砲撃手

こちらも4枚いれたいのですがサーペントを優先しました。一応ドロップに落としやすさは上がっています

 

・ネグロルーク

1枚だとゾンビホエールかルークがダメージに落ちたとき、二回目のガッシュやガレオンの要求がかなり落ちます。ただ一枚で妥協できる札がここしかなく1枚に

 

・キングサーペント

8000の裏目、いらないときはとことん要らないのであまり2枚いれたくありませんがピンの枠で一番ダメージに消えて洒落にならないのがこれなので2枚に。

8000が気になれば即ルークか砲撃にします

 

・ポックル

リンクの最速オルトワイルダーまでに3ターンの猶予があります。なるべくそこまでに削る、倒しておきたいので採用しています。

カオス相手のポックル採用は1列復活+カオブレのドローが消えるため最低札2枚分の働きをしています

 

 

 

○グレード1

ちゃっぴー採用に合わせて削ったのみ

 

 

○グレード0

・ちゃっぴー

ちゃっぴーが2枚でも正直、サーペント実質4枚ポックル実質3枚、べいるフェイタル使い回しも中盤までに1枚何らかの方法で引いていれば可能なので構わないと思います。しかもこれ、引き込める実質的な枚数で、実際はちゃっぴーまたは該当カードがドロップにナイトローゼGB2等で落ちても使えるわけなので使用できる期待値はそれぞれ4枚採用の時を上回っています。

現在はちゃっぴーの恩恵を体感しやすいため3枚にしていますが、安定をとるのであれば役割的に2枚で十分機能します。

 

 

 

○Gゾーン

ガッシュ

削る意味なし。

 

・ドラクート 

2回乗る機会は多いと思いますが、泣く泣く減らしています。

 

・ゾンガー

抜きたいカードNo.1

主に押し込まれて初回で勝つしかないパターン、サンクの初回を生き延びて2回目は無理そうなパターンで必須で、無理やりごり押せる札がグランブルーのGゾーンに他に存在しません。

サンク以外でゾンガースタートの場面はミラーでソウル差が酷いときなどくらいしかないので、抜いてサンクに勝てるなら抜いてドラクートやコープスを増量したいです。

 

・おばだいあ

ちゃっぴー入れても結局初回に乗らないとけない場面は多く抜けません

 

・シブリーズ

割愛

 

・ネグロリリー

まんま

 

・アグリーム

このデッキのアグリームは超越コストがないときに引きにいくくらいしか使わないのであまり強くないです。ポックルをいれたので仕方なし。

 

イモータルガレオン

GB8だけど2枚?って感じですがそうです。2枚です

まずリンクに普通に2回のる場面が存在します。次に他のデッキですが、ガレオンの登場によりギアルアード、ローゼ相手に無理に点をいれる必要が全くなくなりました。こちらが確実に生き延びられる程度に横を潰したり札を増やすことを優先しながら戦ってもガレオンで余裕で持っていけるわけです。場合によっては中盤まで点を止めるので、そのゲームプランにおいてガレオン2回目でほぼ確殺なので2

 

・ネグロノーラ

こちらも2枚重くないかって話ですが、まずグランブルーでGガーディアンを4回使える場面が稀です。次に、相当札が強くなければガッシュガゥシュで乗れるわけもないので、ガッシュ+おばだいあ(ドラクート)でも最速ガレオンできる選択肢が欲しいです。

そこで2枚目採用の恩恵がかなり大きくなるため2枚

ネグロノーラ自体も、元々スペクトラルやネクステージのごり押しをモード2枚採用でかなり耐えやすかったので2枚いれる意味は十分にあるため、2枚にしています

 

 

ちゃっぴーを二枚にするなら代わりにいれる優先度は

ボーン(基本引いて使いたい札なので、あとグレード比でもG1を1枚増やすのが一番安定するため)>砲撃>ルーク>フェイタル

だと思います

 

 

 

 

 

○FC発売後の環境について。

まず変わる点はカオスの登場。やってみたんですけど笑えないくらい強いです。ハマればナイトローゼも一瞬で詰みます。

ポックルがないとボルトラインが当たったときの勝率が格段に落ちます。

ポックルを採用していても、ポックルコール強要、ラクスカリーナをケアして殴る必要があるため思ったより攻め辛くGB8までいかれやすいので厳しいです

来期最も対面を練習する必要がある相手です。

もうひとつFC追加で注意すべきがなるかみ。こちらも強力なGG、マーシャルアーツの初見殺し、必殺レベルのGB8と無視できません。

幸いなるかみ側がヒールを引かないと大したことがなく、引く手段も限られているのでリンクよりはましです。

カードの効果(特にGGまわり)を知っておかないとやられるので練習しておきましょう

次にギアクロ、ルアード辺り。こちらはあまり変更はありません。元のスペックで襲ってくるわけですが、リンクがそれなりにギアルアードを克服したこと、グランブルーとの差が広がったことで相対的に環境内でのパワーは落ちています

次にサンクですが、こちらは永遠にクリを捲り続けるだけなので新規の影響をほぼ受けていません。ある意味すごいですね。規制されない限り環境に残ります。

最後にダクイレ、ジェネシス

ダクイレは耐久ルートからの明確なフィニッシャーを得ており、ワンキルまたは耐久でしっかりゲームを終わらせることができるようになっています。ジェネシスについてはランナー規制前提ですが、環境内でギアクロの立ち位地が低下していること、ナイトローゼ、カオス、ルアードにめちゃくちゃ強いのでかなりいいデッキになっていると思います。

こいつら相手はローゼ側もツッパしてみるしかないので増えるとかなり厄介です

 

おわり