みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

大和VGCSで使用したブレイドウイング

出てきました

大和は毎回出てるんですけど久しぶりにでたら大会進行が洗練されてて本当にいい大会になっていると思います

反省もかねて使ったデッキについて

 

◼グレード3

ブレイドウイング・サリヴァン×4

 

◼グレード2

ブレイドウイング・サイクス×4

愛着のサキュバス×4

フライング・ライブラリアン×4

 

◼グレード1

ヴェアティーゲル・イェーガー×4

ディメンジョン・クリーパー×4

純愛のサキュバス×3

貪欲のサキュバス×2

 

◼グレード0

ディレンジ・シンギュラー×1

エニグマティック・アサシン×4

悪夢の国のモノクローム×4

ヴェアカッツェ・レクルト×2

エンドレス・ブーザー×2

ヒステリック・シャーリー×4

専門医 ヴィンセント×4

 

◼Gゾーン

殲滅の翼 ブレイドウイング・ティボールド×4

常闇を裂く者 ブレダマオス×4

大魔神 ソウルレス・デマゴーグ×1

エアーエレメント シブリーズ×1

断絶の医学 ヴィンセント×2

偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト×2

夜陰の紳士 サン・ジェルマン×1

幻獣咬爵 サブナック×1

 

 

 

まず成績から

○1日目(3人チーム)

1回戦 次元ロボ○

めちゃくちゃ有利なので楽でした。相手の方がダイキングの効果を勘違いしていて、リア全体8万パンプされたけど手札13枚くらい残して勝ちました

 

2回戦 ギアクロニクル ×

G3のアシスト外したらありえん殴られて負け。このデッキ使うなら仕方ないです

 

3回戦 GB8スパイク ○

戦い方知ってたので楽でした

相手がずっと横殴ってきたのでシブリーズ無視で5点までG2で突っ込んでデマゴアサシンで終わり

 

4回戦 ルアード ○

ルアードには基本負けません。

 

5回戦 ブレイドウイング ×

相手のデマゴアサシンの方がはしゃいでおり負け

ミラーはまあ、仕方ないです

 

トーナメント1回戦 ルアード ○○

ルアードには負けません

 

トーナメント2回戦 ルアード○○

ヒールなかったのにコンヴァル竜皇80000くらいに4枚貫通投げられるくらい余裕でした

 

決勝 ギアクロニクル ××

1本目アシスト外したらシブリーズにダブクリされて負けました

2本目相手の初回アヴニールに羊羊置かれてダブクリされて負けました

どうにもならねえ

 

 

1日目は2位でした

 

○2日目

1回戦 ルアード ○

相手の方の覚悟が決まっており、先2で3パン、ドライブスタンド。先3で3パン、ドライブスタンド

アシスト外してこの世の終わりを悟ったら返しのターンで6ヒールして、そこからはまあ、不死なので勝ち

 

2回戦 ギアクロニクル ○

お互いのヒール連打でめちゃくちゃ長引きました。最後は相手が間違えて6点目を受けて終わり

そのままやっても多分次のターンブレダマオスなので勝ってました

 

3回戦 なるかみ ×

長引くと不利なのでなるかみにはデマゴアサシンまたは、最初のティボールドで入ったアサシンを使いきって次からブレダマオス連打で襲う感じで考えてました

案の定スキップで先に超越して、アサシン突撃で手札1枚、5点まで突っ込んで流石に勝ったと思ったら3ノーダブクリ

ガード切るのはベストじゃない状況だったのでしかたないです

クリティカル4枚だったらしくてかなり悔やまれます

 

4回戦 ギアクロニクル ○

ライブラリアンと愛着がソウルインしまくった上アシスト、2枚切り超越でかなり苦しかったです

ひたすらアヴニールネクスネクストアヴニール耐えてLOさせて勝ち

 

5回戦 ルアード ○

ラストターン手札の0がドロー1枚しかなくてドライブ次第で竜皇止まらねーやべって思ってたんですけど万パンプティボールドが普通に止まらず勝ち

 

 

チームが負けてしまい予選落ちでした

 

 

 

 

 

 

 

デッキ選択理由

最初はナイトローゼを使う予定でした。

やってみると案外、防潮にするだけでオラクルが余裕でギアクロニクルも羊依存になりリリーが刺さりやすくなって前より楽に、ルアードも取れるのでめちゃくちゃ強いやんけこのデッキってなってました。

 

制限改訂発表前までは

 

やりづらいデッキ二つが健在ということで激萎えして他のデッキを考えていましたが、その中でも一番広く対応できるのがブレイドウイングでした

各クランにたいするソウルブラスト基準、キープ基準や詰め方、時間との戦いなどシビアな部分も多いデッキですがそういうデッキの方が得意なので迷わず選びました

今のヴァンガードでデッキを選ぶ上で大切だと思うことがいくつかあり、まず1つがヒールドローが強いこと。そして相手のヒールドローに左右されづらいことです。これは勝率を伸ばす上で一番大事だと思うことで、例えばオラクルを使っていてジェネシスブレイドウイングに序盤でドローとヒールを一回ずつされたらやる気が失せます。

これを満たすデッキは環境に3つあり、ジェネシスルアードブレイドウイングです。

ギアクロニクルも羊の要求で相手のドローヒールはある程度無視できますが、自分のドローヒールがそこまで強くないので個人的には一歩劣ります。

もうひとつはツッパ手段を持つこと。環境にジェネシスブレイドウイング、なるかみがいる以上どうしても突っ張れないと「詰む」場面が出ます。

上位デッキはどれもワイズマンループ、デマゴアサシン、ヒュプノシスシープ、竜皇など強制的にゲームエンドに持ち込みうるワンショット手段を持ち合わせています。オラクルはそれがないので、イチキシマによるコントロールが有効でない相手(ルアードブレイドウイング)には初回で決められるよう構築段階から寄せていく必要があると思います

上記二点の判断基準から自分が使って一番勝てると思ったデッキがブレイドウイングでした

実際、負けたゲームは全て、完全にどうしようもないものだったので間違ってはいなかったと思います

 

 

 

 

 

 

 

カードの採用について

 

○グレード3

サリヴァン4枚だけです。

シャルハロートをいれている人がいますが、意味ないと思います。

このデッキのベストなプレイは常に愛着、ライブラリアンを2枚抱えて前2面並べつつ、片面アサシンや万パンプで要求していくことなので一列シャルハロートにしてしまうと非常に動きにくくなります

 

 

○グレード2

愛着、ライブラリアンはダクイレには欠かせないパワーカードなので4枚です

デモンテッド採用が多いようですが、個人的にはサイクス一択です。デモンテッドはあり得ないとすら思っています

理由としてデモンテッドが一番強いタイミングは序盤ですが、序盤にデモンテッドが横にいるということは愛着、ライブラリアンに乗っている可能性が高いです。流石にライブラリアン愛着をガメずにデモンテッド一回使うだけというのは無意味すぎるのでまずやりません。よって強いタイミングはデモンテッド2枚引きの初回に限るとなります。

ただその場合、サイクスを2枚引いている方が明らかに強い状況だと思います

またデモンテッドだけ残ってサリヴァンで吸ってもうまみがなく、対するサイクスなら残り2枚吸えたらかなり強いですね。

デマゴアサシンを狙う対面でも安定性の差が顕著です

一番の理由は対オラクル、対ギアクロニクルで、それら相手は基本的に先に超越できることはほぼないと思いますが、その場合、最初のティボールドだけで相手のイチキシマ、ギアネクストを受けるところからゲームが始まります

その場合初回のティボールドでソウル19枚くらいまでは入れておかないと耐えられるわけもありませんが、デモンテッドで19枚までいけるでしょうか。厳しいと思います

純愛4、サイクス3か今の配分かで迷いましたが、初回以外流石にイェーガーが拾えるためコストには困らずサイクス4にしました

 

○グレード1

オラクルが出て、貪欲3枚の構築が増えましたが個人的にはなしです。どこを削っても安定性が落ちる上、通常のゲーム展開で基本的には切るカードではなく、当のオラクルもソウルが15を越えれば完全ガードがなくても余裕で止まります。

逆に相手の初回に握りたいという話であれば2枚でも3枚でも都合よく引けるかという話になるし、そもそもVを蓋したところで横にのせられたダブクリが止まるかと言われると疑問です。

なので初回は基本的に二点以下に抑えて受ける、または割りきってノーする形となります。1枚でも構わないんですが流石にダメージに落ちたら寒いので2枚です。

他のカードの枚数は一般的なものになっています。Gアシスト前提のデッキなので純愛を極端に減らしている構築を見ると覚悟決まってるなと思います

 

○グレード0

これといって目立つところはありません。

1枚だけクリティカルを入れる人がいますが、本人いわくブレダマオスをノーされるのが嫌らしいんですけどプレイの関係でほぼブレダマオスに乗らず、平均して強い場面が多いのがスタンドとドローだったので、環境序盤でプレイや分布も固まってない段階でとがらせるのもどうかと思い丸い構築にしました

 

○Gゾーン

まずティボールドとデマゴーグはデッキの基盤なので確定です。ロングゲームとツッパどちらもできるのがブレイドウイングの強みだと思います

次にシブリーズをいれない意味がなかったので入れました

アグラトバトマラト2、ヴィンセント1、サブナック1、サンジェルマン1も確定。ブレダマオスも1セットは確定です。

この時点でGゾーンは13枚。残り3枚が結構迷いました。

まずGB8ですがアサシンは入ればすぐ使うようプレイしているのと山を作れないのでSCもできず、実質ラストターンになるわけですがそこまでの性能ではないので見送り

シャルハロートも撃ちたい場面がないので抜けました。

ルジェイラスに関してはG3シャルハロートが入ってないので不要です。

消去法でブレダマオス2セット目が入りましたが、対なるかみでブレダマオス連打で決めにいくよう動くためこれでよかったと思います。

残り1枠はヴィンセントにしました。竜皇に対して強力なガード値になるのと山からのSCが1枚で調整しやすいのでアグラトバトマラト3枚目よりも使いやすかったです。

ちなみに、2日間で乗った超越は1回デマゴアサシンした以外全てティボールドのみでした。正直ブレダマオスもそこまで要らないと思うので本当に好みです

個人的にはGガーディアンの択が増える方が戦いやすかったです。

 

 

 

おわり