みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

卍グレンまさや卍

◼グレード3

星輝兵 "Ω" グレンディオス×4

星輝兵 "Я" クレイドル×4

お好きな"Я"ユニット×9

 

◼グレード2

星輝兵 クルスガベル×4

 

◼グレード1

禁忌の星輝兵 ルビジウム×4

星輝兵 ルインマジシャン×4

真空に咲く花 コスモリース×4

 

◼グレード0

星輝兵 ワールドライン・ドラゴン×1

星輝兵 ネビュラキャプター×4

星輝兵 スカウンティング・フェリス×4

星輝兵 ジェイラー・テイル×4

星輝兵 ステラガレージ×4

 

◼Gゾーン

滅星輝兵 "Φ" グレンディオス×4

滅星輝兵 "∞" グレンディオス×4

滅星輝兵 グルーポール・ドラゴン×2

終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×1

綻びを閉じる光 レディヒーラー×1

創世獣 デスティニー・ガーディアン×1

ライトエレメント アグリーム×2

メタルエレメント スクリュー×1

 

 

 

 

 

 

 

 敬愛するリョウギョウザさんが初回でワールドエンド出来るとかいってたのでカードあるから組んでみました

クルスガベルと"Φ"が強すぎて超越までいけたらほぼワールドエンドできます

基本的に4点~貰うまでクルスガベルで殴って貰ったら乗れば終わり

まずは相性的なのから

 

ジェネシス △~○

ループされることはありません

シブリーズゲルギャワイズマンターロでのみこっちが殺される可能性があります。

 

・ギアクロ△~○

十二支の場合シブリーズが弱い点は楽です

ギアネクストが横を殴っても起きるためルビジウムだけでは止まらず、ラストターンを耐える条件が少し厳しいので完全に有利とはいえません

 

・ルアード ○

星も少ないしラストターンに竜皇もきません。初回超越でバカみたいに要求してもこないのでどのパターンにおいても勝ちやすいです。

スキップで詰められて初回命懸けコンヴァルパンプでスタンドめくられたりしたら危ういです

 

ブレイドウイング ○

基本的に☆も入っておらず、相手に先に乗らせるのでデマゴアサシンも食らいません

正直かわいそうです

 

・バトルシスター △

襲ってくるので超越前に殺される事が割とあります

超越できたら勝ち

 

・ランナー ○

普通に3に乗れば勝ちです

 

 

 

 

相手のスキップに対して

何度かやっていると、普通に乗っても勝てないので相手もスキップしてくるようになると思います。

その場合先に3に乗ってリバースを1枚置いて1列ロックしましょう。

今の環境、1列の初回超越で勝てる要求をしてくることは基本的になく、気を付けるのはジェネシスの初回ループくらいです

 

 

 

 

○ワールドエンドパターン

・五点入れてきたとき

素直に∞で埋めて勝ちます

この時ガードがなければヒール無視でドライブしても構いません。∞起動の段階でオメガロックは有効なので次のターン手首を切って五点目を受けてオメガロックしなおせば勝ちです

 

・先乗りパターン

先に乗るときはまず相手の2列のアタックを止めます。そのあとv単騎を止める必要があるので合計3回の数値を捌くことになります。(相手のリアが☆がのらなかった等の理由で殴ってこなければ2回)

次のターンの選択肢は2つで、1つがΦで2~3呪縛してもう1ターン耐える2超越ルート、もうひとつが五点もらえているなら∞で終わりにするルートです

 

・後乗りΦ始動パターン

Φで自爆、2面程度呪縛から次のターン3面Φまたは∞で締めるパターンです

相手のデッキのクリティカルの枚数が多くツインドライブでも五点もらうのが困難でさっさと乗った方がいい場面で有効

 

 

基本的にこの3つの使い分けでほぼすべての状況から特殊勝利を狙えます。

このデッキの敵はシブリーズで、基本的にギアネクストとソウルにクリーパー系があるときのG4シャルハロート以外はバニラで殴ってくるし、そこまでいけば大抵止めて終わりなので頑張らないといけないのは初回超越までです

そのため相手はほぼGBの恩恵を受けることなくゲームが終わります

この点については七海ランナーと似ており、相性を見てもわかる通り負ける理由が特定のパターン(非GBのコンボやスキル等)で押しきられる事なのも同じです

めちゃくちゃ安定して必要な札が供給されるかわりにシブリーズを許したランナーみたいなものとして考えるといいです

 

 

 

 

一応新規について

既存のカードは基本的に書いてあることがそのまま用途みたいな感じなので特に書くことはないですね
f:id:taetaemiltae:20170929170311j:image

二種目のグレンディオス超越です。

自身でワールドエンドを目指せるだけでなく、今まで不可能だった「自爆」による五点目を得られます

"∞"とも噛み合っていて"∞"の課題だった埋めた後殴らないといけなくてヒールをめくってしまう欠点はこのカードの存在でケアされ、ドライブ→ヒール→次のターンΦで自爆から効果で再びオメガロックのルートをとれます。

決められないときの初回にも優秀で、とりあえず5点目を受けつつリソースを稼ぎ、呪縛で相手の打点を下げ、2回で合計5面縛ることが出来たらそのままワールドエンドもできます

 

 


f:id:taetaemiltae:20170929171200j:image

リバースを集める速度がありえん早まりました

3ターン目で手札とドロップに合計10枚以上なんてのもザラです

このカードと二種類のグレンディオス超越を生かすため、今回の構築ではLOやフリーズレイ、コールドデスからワールドエンドを狙うルートは切ってます。

そちらを視野にいれたところで乗ってくれなかったり、ガード値を拾わないといけない問題は解消しないのでこれでよさげです


f:id:taetaemiltae:20170929171557j:image

ダメージの"Я"という不確定な要素を持つもののグレンディオス3種のスキル以外でロック枚数を増やせる数少ないカードです。

主な用途は上のスキルの方で、このデッキはリバースは腐るほどあるのに、シブリーズを耐えるのが厳しい、耐えたら勝ちという場面がそこそこあります。というか負け筋のほとんどがそれですね

それをごまかせる数少ない札なので採用も考えていますが、4枚入れる枠はまずなくて散らしたところで必要なときにあるかと言われると怪しいので今のところ検討止まりです

もしかしたらルビジウムを全部これにしてもいけるかもしれないです。その場合なるかみのブイマックスになにもできなくなります

 

 

 

・トリガーについて

パラダイムシフトならロック枚数が足りる場面は今のところありません

超越までに15枚くらい非トリガーを抜けるのでとても高い確率で自爆ダメドローができること、そこそこアシストの不安もあること、結局ルビジウムや完全、ヒールじゃないと相手の決死のv単機が止まるか怪しいこと、俗に言うパーツゲーなので1枚でも多く引きたいことからドロー12でよさげです

パラダイムシフトが欲しいとすれば1番大きい理由は万札が引きやすくなることです。

 

 

 

回してみるならCBの管理とクルスガベルで捨てるカードだけ気を付けましょう

クルスガベルを使いすぎるとたまに∞ルートでcbが足りません。

また捨てるカードも重要で基本ドローを捨てたくなりがちですが手札次第ではリバースを捨てる必要もあります。

 

思ったより札の管理が繊細ですが普段な不快なアイツやアイツあいつも全部ゾディアからのワールドエンドで終わりです

結構気持ちいいしなに使っても勝ちきれない環境だと思うので結構おすすめです

三回くらいフリーしたら遊んでくれなくなります

 他の型もそれぞれよさがありそうなのでいろいろ試したいですね

おわり