みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

リンクジェイケイ

グレンは前にかいたのでメサイア根絶カオスです

 

まず根絶

 

◼グレード3

黒闇の根絶者 グレイヱンド×4

 

◼グレード2

欺く根絶者 ギヴン×4

並列する根絶者 ゲヰール×4

禁ずる根絶者 ザクヱラド×4

 

◼グレード1

悪運の根絶者 ドロヲン×4

招き入れる根絶者 ファルヲン×4

撥ね退ける根絶者 ヰガルガ×3

略奪する根絶者 ガノヱク×3

 

◼グレード0

翻る根絶者 ズヰージェ×4

奏でる根絶者 ヱファメス×4

痙攣する根絶者 ヱディ×4

搾取する根絶者 ヰド×4

責苛む根絶者 ゴヲト×4

 

◼Gゾーン

終末根絶者 アヲダヰヱン×4

始原根絶者 ヱヰゴヲグ×4

創世竜 アムネスティメサイア×3

創世獣 デスティニー・ガーディアン×3

終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×1

非難する根絶者 ヰビヲルヱス×1

 

 

 

○解説

ギヴンを引いてるか引いてないか、先行か後攻かで動きを変えられるようにギヴン、超越コストどちらも採用です。

ギヴンは4ターン目以降もあえて超越せず狙うこともあり、バニラやバニホで無理に15000要求狙うよりもリターンが大きいので確定で採用だと思います

札が揃っていればスタンドやFVをぶん投げてギヴン6パン(スタンド捲ればもっと増える)でクソゲーかまして終わらせます。ないならアヲダヰヱンに乗ってデリートして殴りにいきます。

ザクヱラドは当たれば勝ちのカードでスタンドと非常に相性がいいため採用、ゲヰールも丸い選択肢だと思います。

トリガーはスタンドが確定8、脆さ、パーツゲーであること、序盤に捲ったら雑に1枚ぶん投げて殴りやすくなることからドローにしてます。正直星でもいいと思います

ヒール抜きを言ってる人がいますが雑に1ターン生存できたら横が全部トリガーとかでも決められるデッキなこと、リンク相手にデスティニーガーディアンを投げられないと先行ギヴンでしか勝てないので必須だと思います

GゾーンはGガーディアンとアヲダヰヱン、保険のアムネスティとヱヰゴヲグ1枚くらい以外なんでもいいと思います

まさかヱヰゴヲグを4枚かいたいひとはいないと思うのでビッグクランチあたりにしましょう

ブレの激しいデッキではあるものの、ハマれば何にでも勝てうるスペックはあると思います

 

 

 

メサイア

 

◼グレード3

オルターエゴ・ネオ・メサイア×4

オルターエゴ・メサイア×2

 

◼グレード2

質量転移のレディフェンサー×4

アレスター・メサイア×4

黒色矮星レディバトラー×4

 

◼グレード1

サクリファイスメサイア×4

デスティニー・ディーラー×4

デュナミス・メサイア×3

真空に咲く花 コスモリース×4

 

◼グレード0

ネオンメサイア・アウリオン×4

星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン×4

ブリンクメサイア×4

超鉉理論の愛し子×4

終焉に灯る光 カリーナ×4

 

◼Gゾーン

創世竜 バサルティス・メサイア×4

創世竜 フラジオレットメサイア×3

創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア×2

創世竜 アムネスティメサイア×1

エアーエレメント シブリーズ×1

綻びを閉じる光 レディヒーラー×2

創世獣 デスティニー・ガーディアン×1

終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×1

メタルエレメント スクリュー×1

 

 

○解説

単純に強化されたデッキ1

基本的にやることは殴ったら自分を裏向ける系をVで開いて5パン、デュナミスがあればもう少しのびるをやるだけです。

グレード3は旧オルターエゴがすこしパワー不足ですが、実はメサイアのフリーズレイ、乗られたら5点入れるまで3にのらないだけで勝てるので正直意味がありません。単純に安定を取りました

特にサーチがなく、引いたカードで戦わないといけないデッキなのでG2以下はシンプルに閉じて開いて要求を実行しやすいよう、単体で完結した札で固めています。

入れてませんが、アローザル等を採用して最大値を高めるのももちろんありだと思います。その辺の採用は個々の考え方やスタイルで変わると思います

Gゾーンはバサルティスが4枚確定。通常のビートダウン相手はバサルティスとフラジオレットしかのらず、リアを残してこない相手、リンクミラーではハーモニクスしか乗りません。アムネスティは初回☆つきワンキル狙いでしか乗らないので1です。

エクセリクスは爆破するのであればハーモニクスの相手もアンロックしないといけない実質的なデメリットと変わらない状況を生み、ロックしたまま戦いたい相手にはフラジオレット、バサルティスが優先されるので枠をとりすぎることもあり採用してません。

入れるならフラジオレット0のエクセリクスセット、ハーモニクスを追加で入れることになると思います。

今回の追加では一番キッズデッキです

 

 

 

カオス

◼グレード3

星輝兵 カオスブレイカー・クライシス×4

星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン×2

 

◼グレード2

伴星の星輝兵 フォトン×4

星輝兵 コロニーメイカー×4

星輝兵 ミューレプトン×4

 

◼グレード1

混迷の星輝兵 ジンク×4

星輝兵 ベンローズゲート×4

星輝兵 ボルトライン×2

鉄壁の星輝兵 トリウム×4

 

◼グレード0

錯綜する星輝兵 カーボン×1

星輝兵 ダストテイル・ユニコーン×1

星輝兵 マグネスター・ヘッジホッグ×4

星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン×4

星輝兵 クォーク・シュービル×4

終焉に灯る光 カリーナ×4

 

◼Gゾーン

滅・星輝兵 カオスブレイカー・デリュージ×2

滅・星輝兵 カオスユニバース×4

滅・星輝兵 グルーポール・ドラゴン×4

創世機神 オルトワイルダー×1

終焉に灯る闇 ラクスカリーナ×2

創世獣 デスティニー・ガーディアン×2

メタルエレメント スクリュー×1

 

 

○解説

まずカオスで何よりも優先しないといない事は相手の盤面を呪縛カードで埋めることです。

始点は全面2つの呪縛、最終的には5面全ての呪縛を目指すことになります。

今回の追加でリアをすべて埋められたときの呪縛手段(グルーポール+フォトンまたはダストテイル)を得、リアのいないサークルへの呪縛手段、明確に相手の札を削ってフィニッシュする手段を得ました

ラクスカリーナの存在も相まって明らかにきついと言えるデッキはほぼなくなり、個人的には大会で使うデッキの選択肢としてかなり有力になったと思います。

次に採用カードについて

G2はフォトンコロニーミューレプトンが4です。

一見打点不足、単体でパワーを出せるユニットが増えた今選ぶべき択ではないように見えますが、まずコロニーはラインが上がっており要求に貢献している札でもあります。

ミューレプトンにしても削る枚数に換算するとvを殴ることさえできれば2枚なので十分です。フォトンについては前を縛れないとどうしようもないので要求効率度外視で採用せざるを得ません。

またミューレプトン4引きすぎたとき邪魔にも見えますが、そもそもリンクのG2というのは全て引きすぎたらストレンジドラゴンという例外を除いて抱える以外にありません。

カオスにおいて問題となるのは、引きすぎることよりも圧倒的にしないといけないリアを呪縛手段が揃わないことです。

G1は普通だと思います

コスモリースの人もいますが個人的には回復しないほどCBを使えている状況はトリウムの条件を満たしている状況なのでトリウムいったくだと思います

縛れない状況を作らないためにもジンクは4です。

Gゾーンは固定の10枚と超絶奥義旧カオブレグルーポールオルトワイルダーが使えるので入れてますがやる機会が少ないのでオルトワイルダーは多分抜けます

 

終わり

どれもいい強化が来たと思います