みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

見えてる範囲の環境

リンクが発売して、今週末にはヴァンガ祭でラミラビも強化がきます。さらに11月にはゼロスドラゴンと、これからヴァンガードの環境もかなり変わっていくことだと思います

電車で暇なので、これからの環境の変化の予想をしていこうと思います

 

 

○ここまでの環境(竜皇環境)

リンク発売までの環境は

T1

ギアクロニクル ジェネシス ブレイドウイング(後期は1.5)

T2

七海ランナー ルアード(後期は1.5)

T3 

なるかみ オラクル ブラスター かげろう ぬばたま ナイトローゼ(後期は2)

 

といった感じでした。

上3つが特に抜けており、ギアクロニクルは普通に殴るデッキすべてのほぼ上位互換のようなスペックをもち、残り二つは殴るデッキにめっぽう強く、どれも相性による不利を踏みづらい印象です。

ルアードは安定性の面、T1と戦った場合に不利となりやすく、ハイスペックながらもT2に落ち着いています。上位があまりに万能過ぎるため、一部のプレイヤーはランナーを選択しました。以前記事にもしましたが、ランナー自体対策をちゃんとすればあまり高性能なデッキではありませんが環境内でメタデッキとして、たびたび上位に顔を出していました

T3は上にも対抗する術と高性能なカードを持つものの、やはり基本的に不利と言わざるを得ないものです。

竜皇環境は上記11デッキを主に意識しておく必要があったと思います。

環境後半、ブレイドウイングは母数が増えたことによりミラーやジェネシス等、元々デマゴアサシンするしかなかった対面、更には勝てていたギアクロニクル、ルアードもブレイドウイングを強く意識した構築に変化しはじめ、最終的にブレイドウイングはほとんどの対面でデマゴアサシンを視野にいれないといけなくなることになります。

デマゴアサシンは不利対面に対して最終手段として持ち合わせているのは強いですが、そればかり狙うとなると安定性の問題が残ります。

ランナーの増加、ギアクロニクル、ルアードの変化がジェネシスにも無関係ではなく、初期ほど万能なデッキとして選択出来なくなり母数が減ります

そこで再度、一部のプレイヤーから注目されたのはナイトローゼです。

元々普通に殴るデッキには有利で、かつギアクロニクルやルアードと戦いやすいデッキなので後期はたびたび入賞したり、トーナメント進出も目立つようになりました。

ここまでが竜皇環境です。

 

 

 

○リンクCB環境

リンクCBからラミラビ強化の環境です。

 

T1 

ナイトローゼ ギアクロニクル カオス ジェネシス

T2

ハリー ルアード 根絶者 グレンディオス ブレイドウイング

T3

メサイア かげろう なるかみ 

 

たったCB1回、強化セットの追加ですが環境は大きく動きます。

まずはリンクジョーカーの勢力ですが、カオスがとにかく強く、現在存在するデッキには不利といえるものが根絶と一応メサイアくらいしかありません。どちらもリンクジョーカーかつ、他のクランに対して戦いやすいのはカオスなので相対する機会は少ないため実質的な万能デッキといえます。

根絶、グレンディオスについてはどちらも共通して言えるのが、相性無視でクソゲーを押し付けるという点で、一応利点欠点を比較すると、グレンは決まれば相手がVで殴るしかできないのでその他多数に対して有力です。一方ほかのリンクと当たるとまず勝てないという欠点もあります

根絶は決められなかったとき、普通に死んでしまいかねない紙耐久ですがリンクと当たればまず勝てます

どちらも本当に相手の動きが強ければどうしようもなく、せっかくランナーが消えたのになんなんだといった感じです。

メサイアはスペック自体は高いものの、リンクを上位に押し上げるために必要不可欠である相手への呪縛が緩いことから周囲のデッキに対して勝ちきれるイメージはなく、T3止まりかと思います。

次にラミラビ追加分ですが、まずはナイトローゼ。こちらは追加一枚で的確に弱点が克服されており、みっくが1枚という難点をかかえながらも明確に厳しい相手が減りました。

カオスにたいしても戦いやすく、ポックルを採用することで互角かそれ以上の戦いをできます。

次にハリー

こちらも状況、妨害を問わない超要求、そこまで繋ぐためのリソース獲得手段、呪縛への対抗と環境で戦うために必要なものを1枚の追加で得ました。

触った感想としては、CBあるだけ強い系だからある程度の対策はできなくもないこと、リンクでもカオスなら勝てること、ナイトローゼがみっくを落とせば余裕で耐えられること、ハリー2回で決めないといけないといった事実上の制約が他の上位デッキと比較して不自由なことからT2です。

既存の勢力としては、マニシュを増量することでカオスにもやりづらさを強いることが出来、依然明確な不利対面の存在しないギアクロニクル、押しきられる要素も増えましたがジェネシスも全てに明確な不利はついておらずT1 

 ブレイドウイング、ルアードは1の集団とは明確な強弱がついたとおもうので2

3にかなり大きな変化が起きていて、名前が消えているものはどれもリンクの登場が厳しかったり、ラミラビ2種と比較して明確に劣っていることからあえて選択する理由が薄くなり、環境外となりました。

除去やvスタンド、ドロップのバインドなど新規に対しても強く立ち回れる要素が残っている除去クランだけが差別化できていると言えると思います

消えたといってもオラクルもブラスターもカードのスペック自体は高いので、全く勝てなくなったわけではありません

 

 

 

○究極超越以降

ここはまだ未公開が多いのでランクとして分けることは出来ないので予想にとどめておきます

まずゼロスドラゴンが追加された2国家のクランは一気に注目されるでしょう。

メガラニカの究極超越の効果が一部公開されましたが、単純な査定においてはいままでの超越をはるかに凌ぐものです。

かつかげろうは追加が確定しておりディナイアルやズィーゲンなど元々有力な要素も持ち合わせていて、ゼロスドラゴンも与えられます。またリンクが基本的に除去には強くないので、一気に立場を上げる可能性はあります。

メガラニカクランはまずナイトローゼが単純に強化されること、バミューダも呪縛を戻して手札を稼げるところに超要求が出来るようになり、アクアフォースにいたっては見えてる範囲だけでかなり要求、相手のvパンプへの耐性、アタッカー不足の解消など欠点とされていた部分が見直されています。

現状見えている範囲だと呪縛されたらコマンダーアデライード出来るだけなのでリンクには不利かもしれません

その他追加はゼロスドラゴンが来ないことなども含めて考えるとよっぽどのものが来なければT2とか3止まりになっちゃうんじゃないかなぁとは思います。ただ鬼神降臨以降の査定はぶっ壊れているので逆転もあり得ますね

全体的に要求が伸びる方向に強化されるのは間違い無さそうなので、かげろうが強くなることを加味してもリンクは有力な選択肢として残るでしょう。

要求→除去→呪縛→要求の3すくみ色が強まると予想しています

なんにせよ戦えるクランがかなり多くなって、より深いデッキ選択や各デッキへの知識が必要になると思います

おわり