みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

アレクサンドロス宮本

◼グレード3

嵐の覇者 サヴァス×4

波状螺旋の水将 ベネディクト×3

 

◼グレード2

ケルピーライダー デニス×4

タイダル・アサルト×4

戦場の歌姫 シブラ×4

戦場の歌姫 アデライード×2

 

 

◼グレード1

戦場の歌姫 オルティア×4

ケルピーライダー ニッキー×4

海域の守り手 プラトン×4

 

◼グレード0

ケルピーライダー ミトロス×1

ケルピーライダー ペトロス×4

スーパーソニック・セイラー×1

レインボー・スナイパー×3

戦場の歌姫 マリカ×4

士官候補生 イオアネス×4

 

◼グレード4

波濤水将 アレクサンドロス×3

天羅水将 ランブロス×2

嵐を統べる者 コマンダー・サヴァス×2

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス×1

蒼渦水将 ラストツイスター・ドラゴン×1

絶海のゼロスドラゴン メギド×1

エアーエレメント シブリーズ×1

天水護将 イオアネス×2

蒼波鎧将 ガルフィリア×2

ダークエレメント ディズメル×1

 

 

 

サヴァスです。

蒼波よりもかげろう、リンクに多少強く序盤が蒼波と比べて弱いです。

今回のアクアフォースで重要なのは、「いかに先制超越を取るのか」です。ちゃんとした盤面の2回目、3回目のアレクサンドロスは大抵のクランでまず止められません。逆に、このデッキは先に二回超越された場合に耐えられるほどのリソースはなく、ほとんどの場合において初回で決める必要が出てきてしまいます。

相手からすればどうせ先に乗って、二回先に超越されたら負けなので多少無理してでもスキップするなどして先に超越しようとしてきます。なんとかげろうですらスキップを試みてくる場合があります。ちなみにスキップしたかげろうの初回超越に4ノーする事があるくらい防御は薄いときがあります。

しかも厄介なのが、シブリーズだと決められるか微妙なラインということです。札が揃っていて相手と自分のトリガー次第、くらいですね。

一方こちらは絶対にシブリーズを打たせてはいけないような対面もいくらかあります。

タイダルを引けていないと序盤特に強く動けないことも合わせ、序盤の立ち回りをかなり頑張らないといけません。

代わりに先に超越できたときの決定力はとんでもないものになりました。

サブvがベネディクトなのは先に3に乗るパターンでの勝率をあげること、2回目以降のアレクサンドロスで十分な打点が出るので一番合っていると思います。

 

 

 

 

 

 

◼グレード3

蒼波元帥 ヴァレオス×4

蒼波竜 アーセナルフリート・ドラゴン×2

 

◼グレード2

蒼波水将 フォイヴォス×4

蒼波水将 ガレアス×3

蒼波水将 ルキアノス×3

タイダル・アサルト×4

 

◼グレード1

蒼波兵長 ベラギノス×4

ケルピーライダー ニッキー×4

蒼波盾兵 ヲルゴス×4

 

◼グレード0

バブルエッジ・ドラコキッド×1

蒼波竜 ダガーマスター・ドラコキッド×1

蒼波兵 ブルータル・トルーパー×4

スーパーソニック・セイラー×2

サージブレス・ドラコキッド×2

蒼波兵 ブルーギル・トルーパー×4

蒼波工兵 リフィット・セイラー×4

 

◼Gゾーン

蒼波帥竜 フラットハザード・ドラゴン×4

蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン×2

波濤水将 アレクサンドロス×2

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス×1

絶海のゼロスドラゴン メギド×1

エアーエレメント シブリーズ×1

蒼波鎧将 ガルフィリア×2

天水護将 イオアネス×2

ダークエレメント ディズメル×1

 

 

 

 

基本的なカードパワーはこっちの方が高いと思います。

こっちも基本は同じですが先に乗った場合のケアがしやすく、序盤も強いので先に超越もしやすいです。代わりに呪縛のケアがヒール頼りになっていて、かげろう相手も厳しい場面が出てくるようになっています。

GGから初回Vスタンドの択がとれる辺りなどはこちらの方が融通がききます。

試してみたいカードはミドラ、CBがかなり厳しいのでプラトンです

FVは2枚用意してますが、知り合いやトーナメント後半であいてのデッキが割れている場合有利な方を選びましょう。わからなければバブルエッジが無難です。

どっちのfvも後から引いて機能するカードなので、入れ得だと思います。

 

 

 

こんな感じですね

かなりスペックは高く、妨害も抜ける手段があるのでペイル、ギアクロなどのポジションに落ち着くと思います。

おわり