みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

バラウールビート

◼グレード3

仰天博士 ビッグベリー×4

名物博士 ビッグベリー×1
タレンティッド・ライノス×1

 

◼グレード2
アーティスティック・オセロット×4
クレヨン・タイガー×4
レッサー・ライター×3

 

◼グレード1

特別名誉助手 みけさぶろー×4
ぐるぐるダッグビル×4
ひたむき助手 ミニベリー×4
訂正科学者 デリベリー×4

 

◼グレード0

テレスコープ・ラビット×1
アプロバル・フリゲート×4
実践研究員 ポンベリー×4
ルーラー・カメレオン×4
オートマティスム・コアラ×4

 

◼Gゾーン

全智竜 バラウール×4
全智竜 アーヴァンク×2
全智竜 マーナガルム×2
全智竜 フェルニゲーシュ×1
死苑のゼロスドラゴン ゾーア×1
エアーエレメント シブリーズ×1
箱入りの令嬢 スパングルド×2
金城の主席 アルジロー×1
全智竜 アルミラージ×1
永世教授 サンカルパ×1

 

 

 

 

グレートネイチャーです。

まず基本の動きから。

テレスコープラビット、オセロットで退却を付与したリアガードにみけさぶろー、ぐるぐるダッグビルを絡めての速攻、リソース確保を狙っていきます。

超越は基本的にバラウールに乗ります。パンプはGG無視でも

 

初回→4000(付与したドローが当たる)

2回目→12000

3回目→20000

 

バラウールを連打するだけでこれだけの打点を確実に付与することができます。

基本的にグレートネイチャーの超越で行えることは2つで、1つが退却スキルのリスク軽減、もう1つがリアへのパンプ。基本的にグレートネイチャーの超越で行うことは全て、これら2つのうちどちらかないしはどちらもとなり、バラウールはその基本的な動きにおいて大体の候補より効率よく行うことができます。

超越後の動きは基本的にバラウールでパンプしたRにみけさぶろー、ダッグビル等を付与しつつ、クレヨンタイガー、仰天ビッグベリーでスタンドして攻めていきます。

動きはだいぶシンプルです。かなりつよい上にゾーア込みでも15000円程度で組めてしまうのでかなりイケイケで、オーバーウェルムやヴェルヘミーナを買いたくない人にもおすすめです。

 

 

採用について

 

⚪グレード3

仰天はvでも横でも言うまでもなく強いので4枚

除去や妨害がある相手には基本乗ります。

名物博士はアクフォペイル根絶など盤面に干渉できず初回から要求してくる相手に対して有効です。俗に言うツッパ対策ですね

ライノスはマーナガルムと合わせてGGが弱いクランに対して強く、別の超越で雑に使っても相当なパワーのあるカードだと思います。

グレード3は順当に上から順に強いカードが入ったようなもんなのでこんなところです。

 

⚪グレード2

序盤にみけさぶろー、ダッグビルを起動する要員としてオセロットを採用。達成も持っておりvでも使えるのでベストです。

起動要員としては他にスリーピーテイパー、バイナキュラス等がいますが、これらは本当に序盤の起動要員にしかならず、それ以降全ての局面でパワーの低さが目立ちます。ここを厚くしない裏目は後攻でかげろうにガトクロを撃たれ、ダッグビルみけさぶろーを出したい状況で、かつオセロットがないといったレアケースのみです。基本的にFVとオセロットで足ります。

クレヨンタイガーは仰天に次ぐ追加のスタンド要員です。

このデッキはこれらのスタンドユニットが絡まない限り3パンしか出来ず、またアタックヒットにドローが付与される上、前列の打点が非常に大きいためカードが起きる恩恵を得られやすいデッキです。

常に4パンはしていきたいので4枚です。

最後はレッサーライターです。かげろう相手にクレヨンタイガー等でリアを起こす場合、確実に起こそうとするとスリーピーテイパー等の抵抗が必要になります。なければ起きません。アーヴァンクに乗ることで解決できますが、バラウールとアーヴァンクではカードパワーが違いすぎるため、出来ればバラウールでディナイアルケアをするのが理想です。

またダッグビル、みけさぶろー、クレヨンタイガーを振ったリアガードがエンドフェイズに退却できないとアドバンテージ面でかなり損をするため妨害への対策は必須なので採用しました。

分布などによっては名物博士をライター4枚目にしてもいいです。

 

 

⚪グレード1

グレード1は特に書くこともなく、これ以外にないと思います。一応解説すると、みけさぶろーでグレード比率を崩すことができるのはグレートネイチャー最大の利点だと思っています。加えて、ダッグビルを合わせること、グレード3を減らしたことで増量したg2以下での速攻気味のプレイが出来ることもグレートネイチャーがもつ強力なアドバンテージだと考えているので、構築をこれらに寄せない理由はありませんでした。

残りの枠はテンプレなので本当に言うことがないです。

 

⚪グレード0

fvのテキストで退却を行えないと序盤が完全にオセロット頼りになるのでテレスコープ。

トリガーも特に変わったところはなく、単純に四点の相手にクリパワーをクレヨンで起こすリアに付与しても、vで☆を当ててさっさと5点いれて高パワー4パンしても強く、リソース面は効果でまかなえるのでクリティカルに寄せています。

バラウールが出たとはいえグレートネイチャーの超越後の攻撃力はやはり他クランと比較して多少低いため、トリガーによる補助が必要なのが現実です。

 

⚪Gゾーン

まずバラウールが4

このデッキは特別な理由がなければ超越先はずっとバラウールです。

一見地味なテキストをしていますが実際のところとんでもないパワーカードです。初回超越という、比較的攻撃を当てやすいタイミングではヒット時ドローが付与されている恩恵は大きく、それ以降はパンプの値が徐々に上がっていくため、最初から最後まで永遠に強いデザインです。

どうみても500円のスペックじゃないです。4枚

あとは局所的に有効な札を採用しています。

アーヴァンクはメガコロニーに多く盤面を残せる状況なら使うし、かげろうにもレッサーライターがない場合選択肢となります。

フェルニゲーシュは対リンク用カードで、カオス相手は序盤から突っ張って点を詰め、フェルニゲーシュで全面一度開けてからユニバースミューレプトン2回目が来ないことを祈り、来なければ返しのターン1列に全てを込めてワンチャンを狙うといったプレイをします。ワンチャンはワンチャンでしかありませんがないよりましです。

マーナガルムはライノスで実質ガード不可になる場面があるので入っています

この辺のカードは全部大して書くことがないですね。

Gガーディアンもとくに変わったところはないです。

 

おわり