みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

今年出た壊れカードランキング

というわけで、今年ももう終わるので今年出た壊れカードを個人的にランク付けしていきます

対象はエクストラブースターが俺達トリニティドラゴンから、通常ブースターが剣牙激闘からです。

 

 

10位から

 

 

 

 

⚪10位

【不死身の船 イモータル・ガレオン】

10位はグランブルーのGB8です。

出た当時、なんとみっくが規制されておらずまさに「必殺」のカードでした。

コストがなく盤面を埋めてパンプも10000。5000しか上がらないクランが多数な中この数値は破格です。ナイトローゼのカードプールと合わせて1枚からあり得ない要求を生むためランクインしました。

GB8なので順位は控えめ。夜薔薇の方が使いやすいですが、あのカードは個人的に出たタイミング的に「妥当」だと感じたのでランクインしていません。

 

 

⚪9位

【ベリアルオウル】

シャドウパラディンの退却コストという概念を1枚で破壊したカードです。

ただコストとして機能するだけでなく、デッキに戻るスキルまで備えており、基本的にベリアルオウルとそれを食べて動くカードだけでデッキが成り立つくらいになってしまいました。

今後シャドウパラディンがルアードの縛りから抜け出すにはこれに依存しないカードを出す必要があるので、クランの今後の強化に与える影響は大きいと感じたのでランクインしました。

 

 

⚪8位

【静水の祭神 イチキシマ】

このカードが公開される前、僕は「オラクルだけは一生上まで来ることはない」と思っていました。その認識を1枚で変えたのがこのカードです。

同時に登場したふろらんたん、ナナセ等の優秀なパンプカードと組み合わせて、「実質完全ガードでしか止まらない」攻撃を☆12で繰り出してきます。

おまけのようについている2ドローもおまけとは言えず、単体で完結したいいカードです。

 

 

⚪7位

【炎熱機竜 ズィーゲンブルグ】

竜炎でCB1vスタンド、相手のリアの数だけ手札を捨てる

単純な効果ですがVスタンドの査定が上がっていることを分かりやすく感じることができた1枚でした。

除去スキルも上記手札コストと噛み合っていて、これも単体でかなり完成されたカードです。

どれだけ除去が強くても、ディナイアルがあっても厳しいと思われていたかげろうの認識をズィーゲン、ムブディの2枚だけで塗り替え、後続のオバロでは完全にその認識はなくなりました。

竜炎という相手を選ぶ縛りがあるのでこの順位

 

 

⚪6位

【常闇を裂く者 ブレダマオス】

ダークイレギュラーズからです。

ブレイドウイング以外が課題としていた山回復をなんとトリガー全戻しという形で行い、更に5000のパンプ まで振って起きるという破格のスペックを持っています。

このカードが注目されていないのはこのカードの性能でなく、ダークイレギュラーズのカードプールがブレダマオスのスペックに追い付いていないからだと思っています。

次のパックでは新しい軸が出てかなり強化されると思うので、オーパーツ気味のこのカードの評価はかなり上がるんじゃないでしょうか

 

 

⚪5位

【波濤水将 アレクサンドロス

アクアフォースのほぼ全ての超越の人権を奪ったといっていいカードです。だいたいの場合要求面でアレクサンドロスを他のカードが上回ることはありません。

カードの効果はとてもシンプルで表の枚数だけ5000して二枚起こすのですが、同時に出たサヴァス、既存のオルティア、アデライード、タイダル等のプールと合わせて抵抗のクソ打点がありえんパワーで襲ってくるという状況を生みます

アレクサンドロスが存在することで相手は速いゲームを強いられますが、アクアフォース自体が速いゲームは強いデッキなためクランの特性とも噛み合っています

 

 

⚪4位

【炎獄のゼロスドラゴン ドラクマ

ゼロスドラゴンのランクインです。

効果は単純。全部焼いてハンデスです

このカードがこの順位なのはゲームに与える影響力、相手のプレイを強く制限する点です。

まずこのカードは押し込んでる試合において「勝ち確」を、連パンやパンプでは出来ない角度から生み出すことができ、現在トップのかげろうの選択肢を強く支えています。

もうひとつ、負けそうな状況からの逆転性能があり得ないレベルで高いです。

三枚飛ばすくらいじゃ止められると考える人もいますが、五点からなら横もとめたりすることを考えると手札5~7枚は飛び、かつg3に乗り直すことと超越コストの温存、更地からの再展開を要求しており実質10~11枚の手札からすら勝ちを狙えるカードです。

相手はドラクマを撃たれない枚数の手札、乗り直すg3、36000を止める札、超越コスト、これらを残して立ち回らなければいけなくなります。まあバグですね

 

 

⚪3位

【滅・星輝兵 カオスブレイカー・デリュージ】

カオスからのランクインです。

無から2枚も呪縛カードを生み出し、バーンとハンデスまでする分かりやすい「壊れ」です。

最近呪縛メタが増えていますがこのカードだけはそれらを上回る呪縛性能があります

デリュージの登場で相手のリアが全て呪縛されているという状況が発生しやすくなりました。

ご存じの通りヴァンガードは六面にカードを広げて闘うゲームで、そのうち5つが使用不可という状況は異常です。

またカードを出すことでアドバンテージを稼ぐデッキも多く、それらを根本からシャットアウトするのはかなり強力です

 

 

⚪2位

【覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード "The purge"】

2位はトップのオーバーロードからメイン超越です。

オーバーロードをソウルインし1点バーン、GB3で相手のダメージだけドライブとかなりシンプルな効果ですが、スペックは異常です。

まず上のテキスト。こちらは初回から使用することが出来るわけですが、初回タイミングの1点バーンというのは実質ダメトリ無効のドライブ0→3のvスタンドと同等です。

これをdestinyで焼くついでに拾ったカードだけで出来ます。

問題なのはこれをかげろうが出来ること、同時に打点が出るカードが配られたことで、かげろうは引いたカードを適当に投げたとします。しかし相手はエヴォリュート、destinyによる除去を踏めないのでそこまで殴れません。

こうしてアタックさが開いたところ横の打点があるバーンです。これにより理不尽に初回4ノーを強いたりする場面も多く生まれました。

一方かげろうはディナイアルで抵抗がない横の打点を一律15000要求まで下げることが可能で、完全、ヒールをコンローで拾え、なおかつ除去を盾にあまり殴られてないので一方的に4ノーさせて返しも余裕、という場面が生まれやすいです。

この立役者は間違いなくpurgeなので、二位です

さて、このぶっ壊れカードを差し置いて一位のカードはなんでしょうか。

 

 

 

⚪1位

【神を狩る黒狼 フェンリル

purgeをおさえて1位はこれです。

上三枚見て手札ソウルデッキトップ、これをシシルスからサーチ可能のカードが「GB前に」やります。

このカードが壊れているのは単純なスペックの強さもですが、「到達点が実質エクストラウィンのループである」ことが理由です。

単純にループの達成を補助するだけでなく、ループまでの耐久、またループに頼らず勝つプラン、全てを支えています。

黒狼の存在でジェネシスはただのループデッキでなく隙がないデッキになってると思っています。

今年出た一番の壊れは間違いなくこれだと思います

 

 

 

 

惜しくもランクインしなかった人たち

・グルグウイントヘリオス

・竜皇ルアード

・ヴェルヘミーナ

・グレドーラ+オーバーウェルム

 

お手軽4枚ガード制限君は相手のgガーディアンの強さに左右されやすく惜しくもランクインを逃しました。

ヴェルヘミーナは単純にこれらにギリギリ劣ってます

グレドーラとオーバーウェルムはランクインするなら二枚セットで評価することになりますが、今回は単体でのものを優先しました。入れるなら4位か5位くらいにきます

 

 

 

おわおわり