みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

光明...ッ!!!

◼グレード3

クロノジェット・ドラゴン Z×4

クロノファング・タイガー G×1

刻獣 リブレニッシュ・コアトル×1

 

◼グレード2

クロノスピン・サーペント×4(バニラリメイクきたらそっち)

刻獣 クルージング・ドラゴン×4

刻獣 スピアヘッド・ユニコーン×3

刻獣使い マニシュ×2

 

◼グレード1

刻獣 リボルバー・ドラコキッド×4

刻獣 トランジット・ドラゴン×2

刻獣 メリーブロック・ドラゴン×1

刻獣使い ヘガルド×1

スチームテイマー アルカ×4

刻獣 スプリング・ラビット×2

 

◼グレード0

クロノ・ドラン×1

刻獣 ラッシュ・ボア×4

刻獣 ボンバード・ホッグ×4

刻獣 ヒュプノシス・シープ×4

(新規ヒール互換)×4

 

◼グレード4

クロノバイザー・ヘリテージ×1

クロノドラゴン・ギアネクスト×2

超刻獣 アヴニール・フェニックス×4

超刻獣 スプリット・ペガサス×1

超刻龍 オルタード・ドラゴン×1

終焉のゼロスドラゴン ダスト×1

エアーエレメント シブリーズ×1

刻獣守護 イリシュ×2

久遠の時乙女 ウルル×1

遡る時乙女 ウルル×1

時空竜 ヘテロラウンド・ドラゴン×1

 

 

ギアに希望が見えました

f:id:taetaemiltae:20180209170005j:image

この先生を使います。

 

デッキのプランとしては、クロノジェットZのボーナスまたはスプリットペガサスでスプリングラビット(タイガーG)を出して、ドランを飛ばしてZを加えダストも狙うというものです。

これでギアクロニクルは十二支のゴリ押し性能にダストとヘリテージどちらの択も得たことになります。

また十二支で極短に弱かったシブリーズも、ボーナスでスプリングラビットを出してドランを飛ばすだけで十分強く、久遠を切ればそのままダストにも繋り及第点レベルになりました。

fvのドランがかげろう、カオスに消されてしまう点については、それら2クランに対してダストを積極的に狙うことはしないため気にしなくて大丈夫です。

かげろうはしっかりリソースを大切にしながらアヴニールアヴニールヘリテージすると札の量、質ともに負けません。カオスはだいぶと厳しい部類ですがヘリテージがきたのでだいぶましになったと言えます。

こちらもリソースを大切にしながらギアネクスト、ヘリテージ、ギアネクストの順で乗っていきましょう。

 

次に動きについて(殴り合うデッキを想定しています)

 

・序盤

いくらリアを殲滅されてもボーナスとアヴニール(スプリット)で超越後しっかり殴ることが可能なので従来同様しっかり殴っていきます。

基本GBしかないデッキですがノヴァ、シャルハロート、ガウリール、アルトマイルもそこは大差ないのでなるべく気合いで先に超越しましょう。

 

・初回超越

アヴニールかスプリットペガサスです。

最優先はドランをちゃんと飛ばすことです。ジェットZのボーナスを使ってしっかりと同名をキャッチしにいきます。初回で結構cbを使用するデッキですが、ここで同名を拾っておくことで確実に相手への牽制になります。

ここで想定される使用CBは3ですが、返しの相手のターンで残り2を入れてしまうとダストに乗られてしまうため初回で決めるだけの算段がないと5点目を入れることは躊躇われるでしょう。

仮にここで4点で止められてしまったとします。その場合手札には相手が殴り控えたことで浮いた札が残り、1アド取りながら完全を拾えるアルカ、脆い連パンなら1枚で封殺可能なヘテロラウンドを構えており、CBが少なくてもヘガルドで作ったり、ギアネクスト+シープなどCBを使わない要求手段も持っていて仮に3超越にもつれ込む試合になるのであればギアには最強カードヘリテージが配られています。

隙はありません。

 

長くなりましたが初回の話に戻ります

というわけで初回超越ではcbを3使うことを目標に動きます

基本的にはスプリットからダブルクルージングまたはクルージング+スピアヘッドが一番動きやすいと思います。ヒールも拾いにいけるし、シープを拾っておけばダストも強くなり、仮にダストにいけなくても序盤つっぱからのシープ×2ギアネクストは今も安定して耐えられるデッキはありません。むしろブレイドウイング、耐久ルアードがいなくなったので以前よりも耐えることは難しくなってます。

それ以外のパターンは状況によります。例えば序盤めちゃくちゃ押し込んでいてシープも持っていて、初回で終わりそうならもう決めにいくのもありです。

ギアは選択肢を広く取れるデッキなので状況にあわせて選択していきましょう

基本は札を握りにいってダストとシープギアネクストの2面構えですね

 

ここからの流れは3超越ヘリテージ、最速ヘリテージ、ダスト、シープギアネクストからの選択になります。

上に書いた通りかげろう、カオスには一貫して札を大切に使いヘリテージを目指します

 

 

次に構築のはなし

要点だけかいつまんで書きます

 

基本的に2超越で終わるゲームを想定しておりギアグルービーも採用していないのでオビュラシーオックスは打点が伸びにくく、不採用です。

ヘリテージ1回目のアタックでは十分な打点が出ますが主にヘリテージプランをとるかげろうリンクには無力になりがちで、ヘリテージのコストで表のカードを裏にした後も弱いですね

かわりにドランを起動する選択肢のひとつとしてタイガーGを採用しました。

同じくかげろう、カオスに無力なシープですが、これらには最速ダブクリゲーではなく札をしっかり抱えてヘリテージを目指すゲームプランをとるので不利な要素にはなり得ません

その他すべてにあまりに強いので採用は確実です

G1が散っている理由についてはまずトランジット、超越後腐る場面がなくスプリットで2を1にまいにバラすときもラビットとこれを出します

メリーブロックは後列での要求手段で試験的に入れていますが、マニシュスピアヘッドのようにアタック後そこになにかをコールするわけでは基本的にはないのでただのアド損になりがちかつ、1枚という枚数から基本的にサーチからの運用がメインになりますが優先して呼びたい状況も少ないと思うのでトランジット3枚目または、スプリングラビットをふやしてもいいですね。

とはいえスプリングラビットは基本的に初回の1枚使えればよくて、増やしても基本的に1枚飛ばして1ドローのカードでしかないため1枚乗って1枚ダメージ、ファングGにもアクセスできないレアケースくらいでしか役にはたちません

 

ギアいけそうで良かったです

これで現状竜神クランは全て環境上位クラスといえます

おわり